カ  ka

  

【和・交・中・括】和合。混合。交わり。なか。 束ね。統べ。治め。

『こおこふる いもをせのかに こもりくの こもりそたてん たらちねのかみ』ホ14
『ひよみのとりの かおつくる きつおかなねの とつきして』ホ22
『なつうちめ やまとくにかか みつこうむ なはみなやまと』ホ32

【如・然・斯・此】同上。「しく(如く)」の名詞化「しか(然)」変化で「〜の如きさま」の意。「」も同じ。

『おのつとこゑも あきらかに ゐくらむわたを ねこゑわけ』ホ1
『ひかしはるかに なみたかく たちのほるひの ひたかみや』ホ4
『ともにあれます みかたちの まとかのたまこ いふかしや』ホ4
『みよもゆたかに をさまりて やよろとしへて ふそふすす ゐもゐゑはつに』ホ6
『たかひこの いかりとかんと みちかうた よみてさとせり』ホ10
『われすすかにて たらちねに ほろろなけとも ちのたゐそ』ホ10
『これつよし きみはやさしく やわらかに ませはかかえて ととむものかな』ホ13
『よおをふる はしめおわりの つつまやか みちをしゆれは』ホ13
『ういのひといき まとかにて みつにあふらの めをわかれ』ホ16
『あらたけは かせはけしくて にはかふり まつふしこふと わたかまり』ホ17
『くらきこも こまかにをしゑ ひおつみて すこしはとふる』ホ17
『あめはれて のとかにみゆき あそひます』ホ18
『ささくるすえも きよらかに むすふひみつの きよはらひ』ホ22
『うひちにのよは おこそかに かさるこころの ことふきも ももよろとしそ』ホ23
『あまのさかほこ さけなから いりてしつかに ときおまつ』ホ23
『たははこね ふたゑめくみそ にめてる きみはかもなし ふたもなし』ホ24
『こよみなは いかかなさんや ときにひめ たらちをかみに かりいわは』ホ28
『なかすねひこは そのくらお ひそかにあけて うつしとる』ホ28
『さむれはやたの からすあり おおちかうかつ あすかみち』ホ29
ほのかにきけは みつこおは まひくとなつけ ころすとや』ホ32
『しなのきそちは やまたかく たにかすかにて つつらおり』ホ39
『おははあたかも かみのよの よはきしそこれ』ホ40

【交・構】同上。作り。構え。備え。調え。

『かうちくさかの あうゑもろ やかたにいくさ ととのひて』ホ29

【乞・交】同上。(心を)寄せるさま。乞い。求め。

『うれへはうれふ おのかお つけすゆらすは からすなり』ホ21

【離】離れ。

『つくははやまか そかひめは きのおしもそと』ホ6

【割・方・処・箇・個・時・家・戸】分割。区分。区画。方。 =こ・と・て・ち

『ふちこまお ゐらかうかちて なけいるる』ホ7
『あがたもり さともるひこも それたけの むろもあらかも おなかなり』
ホ13
『かもにていたる いかるかの みねよりとりの しらにはに』ホ20
『いかるかの みやにうつりて そのあすか うてなによもお のそむおり』ホ20
『ほかにそやの いせきなる ときにあまてる みことのり』ホ24
『みやこには きみむつましく やをふり つくしのそやと』ホ27
『あるひひかとへ わかみやに つくるわかこの このころのうた』ホ34
いつかおよはん たとえとみ いたわるとても むけさらん』ホ39
『かれにいまとく よかのはた したえはういに みおをさむ』ミ1

【川・河】同上。 「かふ(離ふ)」の名詞化。=かは

『ふつきゆみはり いせむすひ かもたけすみに みことのり』ホ27

【笥・甕・瓮・株】受け。収め。囲み。 分け。区分。分別。

『めつきはつひに いきしこを やそひらかなし これをもて』ホ33

【上・高・活・芳】正の方向に離れるさま。

『こことむすひの なにすゑて かすかとのとそ たふとませ』ホ8
『いきのうち ほしおはなるる これはすすかそ』ホ13
『ととむる をのこりと わらへのひたひ におせは』ホ18
『おきつとり かもおをさむる きみならて よのことことお ゑやはすせかん』ホ26
はかみの あまねくてらす もはしもの あおひとくさお めくまんと』ホ38
『をさめえて とにうるほせは もしたう ましてたみおや をえてなつらん』フをえて

【明・赤・華・光・日】同上。 陽。 また「あか(赤)」の略で銅。

『しきしまのゑに ひとうまれ みそひかにかす めはみそふ』ホ1
かのみたま こわによろこひ うはのてお わとあにわけて あいうえお』
ホ18
かのふるのあは にみたから あかつきのあは にのたから』ホ21
『もしもむらくも おうはひ みちにさわりの あらんとき』ホ22
『しなとへのかみ あらはれは みちのうはふ やえくもお』ホ22
『たははこね ふたゑめくみそ かにめてる きみはかもなし ふたもなしホ24
『おほさかも つきのかおそえ いしむらお たこしにこさは こしかてんかも』ホ34
『やみやのたまも はなかよみ ゆきみんとてそ さそひくる』ホ34
『みたひのり いさよふつきの ほからかに しらいとりきて これおはみ』ホ40
かしろのゆうお つさにたて あしろのゆうお きさにたて』ミ8
『もちまえまつる ほからつき まめやかうたゑ かみおとり』ミ9
『ふのゐさめ あらかねわけて ねりきたえ かまもつるきも そえやわらく』フふゐさ
『へのこけの かさはちたひ をうなむち かねもかしろと ねるやこけらん』フへこけ

【日】(1)同上。昼。(2)太陽の一巡り。一日。 =ひ(日)

ゑかひとたひの みけはこれ』ホ1
『しかれとも あとさきかかり みそふも』ホ1
『にわにうゑおく みとせのち やよいのみに はなもみも』ホ2
『ひとなるのちに やよいみ みきつくりそめ たてまつる』ホ2
『ここのくみとは やよいみホ2
『おこないちに なるころは しらはきそみて さくらいろ』ホ4
『つきのをえ なかれととまり みののち みのきよけれは ひまちすと』ホ4
『めはつきしほの のちみに きよくあさひお おかみうけ よきこうむなり』ホ7
『つきにみそわの めくりまし ややむそよに めくりみつ』ホ14
『あいものの うおはよそあり これもみ すすなにけせよ』ホ15
『みつとりお くえはふそひ すすなゑよ』ホ15
『あすふためくり みめくりと みそかにはみそ みそひふみ』ホ16
『みそひふみ みたりゆるむ たらむとて ははのつつしみ』ホ16
『みちやそ みそかよろやも みそやかに よろみちむやそ』ホ16
『みめくりは ふつきいたれは みはしり しわさらにきる』ホ16
『むそよは むそよめくりに きわまりて みめくりすへて ちやそなり』ホ16
『おそりめくりて みつきには みそことなれは みやすむ』ホ16
『ふそこは よろちむそみの みそかには ひとつもとりて』ホ16
『みそひより みそみまても みのうち ひにそこもとり』ホ16
『みそよも ひともとりして さつめへり』ホ16
『みそゐよりそ ひひのまし みもよそななり』ホ16
『よそには もとましともに ふよろむち みもなそふにて みちきわむ』ホ16
『はつきもち さつきゐつの ことほきの のりにかけたは あやしあり』ホ192
『みつかきお としよつにわけ とはとふか ひかたにこかと』ホ21
『なかゐつ もりおはなれて あそひゆけ このまゐつに やつくりすホ21
『きねのひときお ゐやしろに ゑとのむそかに もりあまる』ホ22
『をそれてもも ものいみし みきめひとつて ねるつるき』ホ23
『むつほねもなり ととのえは そのあすみに とよつみか』ホ25
『うつきもちより なそゐかは ひことうかやの うふゆあく のこるのりなり』ホ26
『ややみに わけつちのねの みつはめの やしろにやすむ』ホ26
『みやこには きみむつましく やをふり つくしのそやと』ホ27
『ときよそふすす やもゐそゑ きわとしねうと はつきよホ27
『よそこのすすの こもそひゑ はつほきあゑの はつみに こやねもふさく』ホ27
『きさらきそひ おしくもは よそやもにいり やましろの おしほにおさむ』ホ28
『のちふりね かえてゐいりね せめいわく いくかもまたて なとおそる』ホ34
『ふそむほの なつきそむの ををんかみ ゐそすすかわの』ホ36
『いまよりそ もももふてて きたりませ われはからんと』ホ37
『にゐはりつ つくはおすきて いくよかねつる』ホ39
『かかなえて よにはここのよ ひにはとおお』ホ39
『ときあすす やもよそみほの あきあめか これたてまつる』ホ40
『みもむそゐの ひのめくり ひとせになりて はるあきと よつにわかるる』ミ4
『むかしふたかみ あわうたお ひことにうたひ やをよろかミ10
『つきしほうみて みかつきの のちのひまちや』ミ逸
『ものおれは ほこのひひきお おそれみて よそおいわす みすきかすおれ』フもおれ

【黄・明】同上。 盛る太陽の光の色。「き・こ」の変態。

『このはかまろは はひきなす なまろくろまろ あすはなす』ミ8

【気・香】同上。 立ち上る気。沸き立つ気。きわだつ気。

『くはきうの をのほおいとふ はしかみの をかめかふすへ ひしかんと』ホ8
『ひるはひとかも あきらかて よはかとにこる むしはみも』ホ17
『うかやのゆとは このはなの しろきかにさく こはうのめ』ホ26
『をにつるの まつりははなの にのこり やむまつしさも をにやつくらん』フをつる

【母】同上。 =かか

『しのおれは めくみあらわし のおれは めかおつくして あのくたらなり』フしおれ

【上・過・右】同上。 先行するさま。かぬ(予ぬ)から。 =みき(右)

かのちこお あめにおくれは かみのまえ えたそろはねは さらんとす』ホ12

【鹿・角】同上。 かと(角)  =しか

『みねのみあえに なるしらか まえにいきはき くるしむる』ホ39

【曲・汚・科・朽・枯・暗・暮・下】曲り。負の方向に離れるさま。

『まかりなおさん かんなおひ おおなおひかみ うみてみお いさきよくして』ホ5
『あひわかみやに ととまりて やみおたします たかのかみ』
ホ6
『のこしふみさかおたつあや』ホ7
かしまたちつりたいのあや』ホ10
『みそきして さわるよこかお のそかんと やちたひいのる』ホ14
『けのししはめは しむけかれ よつなるししは かほすきて』ホ15
かししはくさく をもみたれ とくはあらひみ うるとなも』ホ15
『ひるはひとかも あきらかて よはとにこる むしはみも』ホ17
『とはとふか ひかたにこかと にかまたら ひふみにしるす』ホ21
『さのきより あかつきのあは にのたから くらやめのあは にやめる』ホ21
かになすのあは かにそこね あきらかのあは にのよろし』ホ21
『さかおかそえる みちたてて のみもむそゐ あめのみち』ホ23
『さおゑてのかる またのに ついにあめより つみせらる』ホ23
『かれかおこりお たやすくに ゆるせはたみも みなおこる』ホ23
『そのまて あれはあれおさ くみおよひ そうちはしかる』ホ23
『あかたぬし こそうちはつえ けたのは かとやにいれて』ホ23
『けたのは つえうちあかた おひやらひ ふたけたならは くにおさる』ホ23
『ふものは しまにさすらす みけたは かみつめぬきて いれすみし』ホ23
『ままこさす つみふもなそ いもいさす つみふもなそホ23
『うますめは よそめそあにも せもからす とかみもむそホ23
『たらちうつ とかみもむそ ままをやお うつとかよもホ23
かのめはあきの からすころ かのめおいれて ねるつるき』ホ23
のつるき かれみおこのみ いきおそる これそをさむる たからもの』ホ23
『あにひつきてる ひとくさも にはひやすそ わのきみも にたみかるそ』ホ26
『しらうとこくみ ははおかす かないまにあり きみまねて かなおかふるや』ホ32

【右】同上。 かる(枯る)より。日が枯れる方角。=西

『いけみつに たのめおあらひ ひるにのり かのめおあらひ つきにのり』ホ4
のつるき かれみおこのみ いきおそる これそをさむる たからもの』ホ23
『かのとりの かたちはやたみ くひはきみ かかみはたはね つるきかはホ24

【殻・糠・糟・屑】かる(離る/枯る)の名詞化短縮。 から・ぬか・かす・かわ。

『にわとりは おうけなきて つあかゑす こぬかおこえは』ホ21

【カ・夏】八元神「トホカミヱヒタメ」の「ヱの尊 (ヱ祖・ヱの神・ヱ元神)」。
     またその興し治めた地。

『とこたちの やもおめくりて にしのくに くろそのつみて にあたる』ホ15
のなめは あのあかりもる ほつきなか みめにとくつき』ミ7
『まとかのなかの みはしらは のかみかたち』ミ7
はにしそらの をあけかみ はつきなかより みめのとく』ミ9
『かたちあかるき かもとかみミ9

【か】格助詞。「かふ(交ふ/離ふ)」の短縮。 区分。所属。

きみかよの すえのためしと ならんかと』ホ序
『ひさかたの あめかしたしる わかきみの よよにつたはる かんむりは』
ホ序
あかたまの わかひるのるは あおきたま くれひのみたま ぬはたまなりき』ホ4
『さかつきうめる かみのなも ひなかたけとそ たたゆなりける』ホ2
『ひめないかしろ ゐそくらと すへてみもなそ』ホ7
『しほれてもよや あつまあわ あつまあわや』ホ7
ははかをさきに つるきあり ははむらくもの なにしあふ』
ホ9
『なかれおくめる もろかなも やしましのみの おほなむち』ホ9
『このやさかにの まかりたま あかくしひると もちゆれは』ホ11
『わにのりあはえ かえるうち うむこのいみな わにひこは くしみかたまそ』
ホ27
『よめちゆくねの をにおさむ ゑなかたけなる しなのくに』ホ28
くにみかおかに いくさたて つくるみうたに かんかせの』ホ29
『しきやあさひ かかやけは たまてみなお すすめいふ』ホ31
『むかしひほこか みやけもの はほそあしたか うかかたまホ35
『こころゑひ もゆることくに あつけれは いつみにさます さめかゐや』ホ40
『しむのもちほき ゐきめたま おくるはすゐゐ ゑなかのりミ9

【か (疑問・反語の係助詞)】「かや」「かな」「かも」などの短縮。 =

『きみかよの すえのためしと ならんと』ホ序
『はたれおもえり やにあたり よみかえるかや いたまぬホ8
『またとわく ひはをにかえり みつはめに ひとはひとみに かえらん
ホ13
『いきすひたちと なるおひの わさにいきすは いつこえホ16
『みかつちも よろこひけふの ぬのおらん いわくはふたゑ あらざるホ16
『やさかいりひめ すかたよく きさひのみやに めさるとも みさほならんホ38
『にゐはりつ つくはおすきて いくよかねつる』ホ39
『そのあちお とくとゑされは みちのくお ゆきたかふと おそるのみなり』ミ序
『みをかみひとめ そのほかに いかてかくにお うむやらん』ミ10
『むすふてに あさことうたふ ゐくとせ いまたかかさす このおして』ミ10

  

10/03/11

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】