おろか  オロカ  oroka

  

【愚か・疎か】
負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

『ほろろなけとも ちのたゐそ さかなときるも おろかなり』ホ10
『にしのははかみ またきたり ころやまもとは おろかにて』ホ15
おろかめか ねたむいそらの かなつゑに こたねうたれて なかれゆく』ホ16
おろかにくらく にふきこは そのあらかせに ふきうたれ』ホ17
『ものきにの のりはおろかに あらためす もとおをこせは われもきにけり』フもきに
『しのきにの とほこにみつの あらそひも あにかおろかに きもやつむらん』フしきに

 
「おろく」の名詞化。
「おろく」は「おる(下る)」と同義語「おく(遅く)」の合成。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

おろく  −広辞苑より−
心がうつろになる。うつける。
景行紀「失意(こころおろ)けて酔へるが如し」

 
類語:「おろそか(疎か)」

  

10/06/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】