いかるか  イカルカ  ikaruka

  

【(活る処)・斑鳩・哮】<地名>
正の方向に離れる所。高み。中心たる場所。タカマ。 =しらには(領庭)・まつりのにわ(政の庭・朝廷)

『かもにていたる いかるかの みねよりとりの しらにはに』ホ20
いかるかの みやにうつりて そのあすか うてなによもお のそむおり』ホ20

 
いかる(活る・上かる・怒る)」+「か(処・方)
「いかる」はここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・主導する・至る」などの意。

類語:「いこま(生駒)」「へくり(平群)」

  

11/02/22

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】