いらか  イラカ  iraka
ゐらか  ヰラカ  wiraka

  

【甍】
高み。頂。棟。屋根。

『ふちこまお ゐらかうかちて なけいるる』ホ7
『つほわかみやの とのしまも たかやいらかも ふつくなり』ホ11
『みやつくり ふきいらかまて みななりて みまこににきね つくはより』ホ21

 
いらく(上らく)」の名詞化。
「いらく」は「いる(炒る)」と同義語「あく(上ぐ)」の合成。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・高まる・上にある」などの意。
また「いら (炒る) 」+「か (方・処)

類語:「やね(屋根)」「むね(棟)」「みね(峰)

  

09/10/06

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】