やね  ヤネ  yane

  

【(上)・屋根】
上にあるさま。高み。頂。

やぬ(熟ぬ・上ぬ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上にある・上がる・盛る・勝る・至る」などの意。

変態:「をね(尾根)」「みね(峰)」「うね(畝)」「むね(棟)」「うえ(上)
類語:「いたたき(頂き)」

 
 

【屋根】
1.家の根源。住まいの起源。

『むのたみめより むろやたつ たみにをしえて やねおなす』ホ17

2.屋の根(元)。
屋を作るときには材木の根側と末側を逆さまに用いるため、上部に根側が来る。よって棟が「屋の根」となる。

『きはさかしまに かしらした かれむねおもて やねとなす ふくはやねねそ』ホ21

  
や(屋)」+「ね(根)

  

09/10/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】