あめかした  アメカシタ  amekasita

  

【(陽陰が下)・天が下】
天界(陽と陰の階層)の下。天空の下。天下。地。世。

『ひさかたの あめかしたしる わかきみの よよにつたはる かんむりは』ホ序
『つるきもち ゆくをはやこか おしととめ いさおしならは あめかしたホ7
あめかした やわしてめくる ひつきこそ はれてあかるき たみのたらなり』ホ7
『いわむろに いりてとさせは あめかした かかもあやなし』ホ7
『ををんかみ あめかしたてる くしひるに たみもゆたかに』ホ8
『たえさらしむる なんちこそ あめかしたしる くらひなり』ホ39
あめかした やわしてめくる ひつきこそ はれてあかるき たみのたらちね』ホ40

 
あめ(陽陰・天)」+「か(格助詞)」+「した(下)

別名:「あまも(陽陰下・天下)あわも(陽陰下・天下)

  

10/03/18

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】