よか  ヨカ  yoka

  

【夜日】
夜と昼。

よ(夜)」+「か(日・明)

 

【(四方)】
四つの区分・区画。 四辺。
● 機の周囲の四辺。 =みなもとぬき

『かれにいまとく よかのはた したえはういに みおをさむ』ミ1
『よろはたの むねみなもとは よかみとち よろはぬふかつ はたはをる』ミ1
よかひちの かたおもちいて みおをさむ めくみしらねは かたちなし』ミ1

 
よ(四)」+「か(割・方)

類語:「よも(四方)」「よち(四方)

 
 

【〜よか】
〜であるさま。〜に似るさま。〜であることに近いさま。

「よ」+「か」。
「よ」は「ある(在る)」の変化。 断定する終助詞「〜よ」に同じ。 これは関西弁の終助詞「〜や」に同じ。
「か」は「しく(如く)」の名詞形「しか(然)」変化で、「け(実)」に同じ。

変態:「〜らか」「〜やか」

  

10/03/03

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】