さく  サク  saku

  

【(添く・然く・如く・直く)】
A: 合う/合わす。寄る/寄せる。現す。露にする。似る/似せる。匹敵する/させる。迫る。

変態:「しく(如く)」「すく(直ぐ・挿ぐ・好く)」「せく(塞く)
派生語:「さかな(肴)」「ふさく(塞ぐ)」「さかし(然かし)」「ささく(差添く)」「さかむ(相模)

 
 

【離く・放く・裂く・割く・避く・咲く・(散く・曝く)】
B: 離れる/離す。分れる/分ける。放つ。出す。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『やめるほのほの くるしさお そてわきさきて かせいれは』ホ9
『もやきりふせる あおはかり さけてかんとお さらんとす』ホ10
『つひにきかやも こかねさく いさこうみこも しかしかと』ホ11
『なかめたかわす こかねさく ひさみるやまと たたゑたまゐき』ホ11
『あわうひの めくれるなかの みはしらに さけてめをなる』ホ14
『かすそなわれと つねあらす もろとりみれは そゐにさけホ16
『みもろのやまに ほらほりて あまのさかほこ さけなから』ホ23
『なんちめかちに とふへしと うすめむねあけ もひほさけ あさわらいゆく』ホ24
『めなしあみ よもひれとれは おおたいか くちおかみさき まえによる』ホ25
『みさほつすうた あめつつち とりますきみと なとさけるとめ』ホ31
『ちかねおのはし つのおさく かなゆみつくり とこかたり』ホ35

 
変態:「すく(空く)」「そく(削ぐ)
派生語:「さく(笏)」「はなさく(放裂く)」「さかふ(逆ふ)」「さかる(離る・逆る)」「さくる(決る・刳る)」「さささき(酒咲)」「さけふ(叫ぶ)」「さかむ(相模)」「みさき(岬)

 
 

【(探く)】
C: 回る/回す。往き来する/させる。

変態:「たく(綰く)」「なく(擦く)」「ぬく(貫く)
派生語:「さかす(探す)」「さくる(探る)」「さか(探)」「みささき(陵)

 
 

【咲く・幸く・(栄く・繁く・過く・優く・賢く)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・先行する・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『しわかみの こころほつまと なるときは はなさくみよの はるやきぬらん』ホ序
『さくらうちかめ さくなたり せおりつほのこ さのすけに』ホ6
『かたまろか いたれははたれ いろかえて さきみたれたる きくみちの』ホ8
『きみかめくみも ついわすれ うらむねたむの にはさくら さかすはしれよ』ホ16
『まさたねならは うむときに さけとちかひて ここにうゑ さとにかえます』ホ24
『しろこのさくら うまれひに さきてたえねは あめみまこ』ホ24
『うかやのゆとは このはなの しろきかにさく こはうのめ』ホ26
『はらみやま ひとふるさけよ ふしつるの なおもゆかりの このやまよこれ』ホ32
さきあらそいて はにやすか いるやあたらす くにふくか いるやはあたる』ホ34
『やよゐきて ももさきめをの ひなまつり くさもちさけに ひくゑもせ』ミ9
『はつきはしめは ふためさく あらしくさふす』ミ9
『なつきみつきの ここなさき をほとしきくの ちりわたこ』ミ9

 
変態:「しく(頻く)」「すく(優ぐ・過ぐ)」「せく(急く)」「たく(長く・焚く)
派生語:「さきり(幸極)」「さかゆ(栄ゆ)」「さかる(盛る)」「さく(笏)」「さき(先・前)」「さくる(幸る)」「さきり」「あさく(嘲く)」「やさか(弥栄)」「さかしる(賢しる)」「さけ(酒)」「ささく(捧ぐ)」「さささき(酒咲き)」「あさこ(麻)」「さけふ(叫ぶ)」「むらさき(熟幸)

  
 

【(垂く)・下ぐ・提ぐ】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」

類語:「しく(敷く)」「そく(退く)
派生語:「さかる(下がる)」「あさける(嘲る)」「なさけな(情けな)」「いささか(些か)」「さかふ(倒ふ)」「ひさこ(瓢)

 
 


1.裂くもの。放つもの。開くもの。
2.正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『たまのいわとお ひらけとて いちゐのはなの さくもちて いまこそひらく あまのとや』ホ4
『くらゐのやまの いちゐさく よになからゑて さくもつは かみのほすゑそ』ホ4
『かんむりと さくとみはもと ととまりて むなしきからの しらいとり』ホ40
『のほののかふり さくみはも みたまけにいれ しらみこし』ホ40

 
「さく(裂く・割く/咲く・栄く)」の名詞化。

  
 

【(咲・幸・栄・繁・過・優)】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」さま

『さくらうちかめ さくなたり せおりつほのこ さのすけに』ホ6
『ことしふそよの さくすすお ふそゐのすすに うゑかえて』ホ8

 
「さく(咲く・栄く・繁く・過く・優く)」の名詞化。

変態:「さか(栄)」「さき(咲き・幸)」「しけ(繁)
派生語:「さくなたり」「さくすす(幸鈴)

 
 

【(垂・下・敷)・酢】
E: 負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・沈む・隅にある・果てる」さま

『ほろろほろろと なくおきき さくめかつけに なもなくて あめおなくやと』ホ10
『きみうすめして そことくに つふたつあはの さくとこに ひきあけさしむ』ホ28

 ●落下。の別名。

『さくらうちかめ さくなたり せおりつほのこ さのすけに』ホ6

 
「さく(垂く・下ぐ)」の名詞化。

変態:「さけ(下げ)」「しき(敷き)」「しこ(醜)」「そこ(底)」「たき(滝)
類語:「した(下)」「しも(下)」「すえ(末)」「さむ(寒)
派生語:「さくめ(下女)

  

10/02/25

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】