ひめ  ヒメ  hime

  

【姫・(陰・妹)】
E: 負の方向に離れるさま。
  ●陰。水埴。女。 ●「裏・闇・夜・汚穢・月・地・重厚」などを象徴。

『それわかは わかひめのかみ すてられて』ホ1
『たみのなけきに むかつひめ いそききしいに ゆきひらき』ホ1
『やすかわの したてるひめと あめはれて』ホ1
ひめのいさこと うきはしお はやたまのをか わたしても』ホ2
ひひめみをうむとののあや』ホ3
『をゑくまにすつ ひるこひめ いまいつくしに たりいたり』ホ3
ひめみこうめと つきこなく たのしなきとて』ホ4
『あるひをかみか をゑとえは ひめのこたえは』ホ4
『いつるわかひの かかやきて しらやまひめは うふゆなす』ホ4
『おはひめか こゑねのくにに みはおりて たてまつるとき』ホ4
『ふたかみおはお たたゑます きくきりひめも あなかしこかな』ホ4
『なにこひめ またこなにひめ なにおとも おなにともつく』ホ4
ここりひめ やからにつくる いさなきは おひゆきみまく』ホ5
『くらきねか ますひめもちこ ねのすけと そのとめはやこ こますひめホ6
『せおりつほのこ さのすけに わかひめはなこ さのうちめ』ホ6
『つくははやまか そかひめは きのおしもそと』ホ6
『かなやまひこか うりふひめ なかこおすけに そなゑしむ』ホ6
『はやこかみつこ ひはたけこ おきつしまひめホ6
『ふはたきこ ゑつのしまひめ みはたなこ いちきしまひめホ6
『つきよみのつま いよつひめ うむもちたかは いふきぬし』ホ6
くらひめうめは いつくしみ あにのこくみお このことく』ホ7
『あかつちか はやすふひめと きこしめし きしおとはせて ちちにこふ』ホ7
『をはちちに めはははにつく みひめこも ともにくたりて ひたしませ』ホ7
『さすらなす ふたさすらひめ いきとほり ひかはにいかり なるおろち』ホ7
『さかみにかんて みたとなる みたりひめうむ たのいみな』ホ7
『われけかれなは ひめおゑて ともはちみんと ちかいさる』ホ7
ひめひとなりて おきつしま さかむゑのしま いつくしま』ホ7
『ここさわゆくや ひめおとり むらくもたひや ほたるひの わらひあさけり』ホ8
『かとりかいもと あさかひめ こことむすひの つまとして』ホ8
『のこるひとりの いなたひめ これもはまんと』ホ9
ひめはゆけやに かくしいれ すさはやすみの ひめすかた』ホ9
『のちおおやひめ つまつひめ ことやそうみて かくれすむ』ホ9
『つきはかつらき ひことぬし つきはすせりめ ゐをみめそ』ホ9
たかひめお たかてるとなし わかうたの くもくしふみは おくらひめホ9
『くしひこよ くにつめとらは うとからん わかみほつひめ つまとして』ホ10
『みほひこのつま すゑつみか いくたまよりめ そやこうむ』ホ10
『こしあちはせの しらたまめ そやのひめうむ』ホ10
『ひひめもとめ たまねひめ いそよりひめに むれのひめホ10
みはおりひめや すせりひめ みたらしひめに やゑこひめホ10
こゆるきひめに しもとひめ みちつるひめや はもみひめホ10
むめちるひめに あさひめや はさくらひめと わかねひめホ10
あわなりひめと とよりひめ すへみそむかみ こたからそこれ』ホ10
『かつらきの ひとことぬしか すゑつみか やすたまとうむ かつきまろ』ホ10
『かうのたくはた ちちひめと そふのつほねも そなわれは』ホ11
『ふそゐすす ももゑふそやほ としさみと かしまのみやの ひとりひめホ16
『しろすことくに ひひめあり つきこなけれは かすかとの』ホ16
『いつしかひめも はらむよし あめにつくれは みことのり』ホ13
『もろひめら まさにしるへし いろのはな ひとたひめてて はやちれは』ホ16
『まつりたえんお ひめありて よつきみちきく こはたから』ホ16
『まれひとり ひめひめなり またうまは まきれんために いみなせん』ホ16
『つうちよこへに つりわけて をりひめかさり ふむときに』ホ23
『みかしはささく あしつひめ ひとよめされて ちきりこむ』ホ24
『またひめは こおうむひより はなたえす ゆえにこのはな さくやひめホ24
すかたひめ きみにもふさく これわろし むかしくしひこ いさめしお』ホ24
『これおろちあり くにかみの ひめおのむゆえ みなやけは』ホ25
『あまのとも あけてむれてる わかひめか まりにわかみつ くまんとす』ホ25
『みつやまの たいはこれなり くちはいむ あかめおほめて よとひめと』ホ25
『はてつみは きみにもふさく わかことて とよつみひこと とよたまめホ25
『たけつみひこと おとたまめ つれいてきみお おかましむ』ホ25
『たけいわたつは くつおあけ あそひめゆなに たてまつる』ホ25
『きみとひめとは ひとつきと むつましなさん もふすとき』ホ26
『さきにみこなく かくやまか あめみちひめお ゑゑなして』ホ27
はせひめは とみとにくみて すてさしむ きみまたいかり はせおすつ』ホ27
『こやねふとまに うらなえは やせひめよけん やひのゐは なかのやとなる』ホ27
『ゆめにたまわる たまのなの たまよりひめお うみてのち』ホ27
『みふれによりて もふさくは ひゑのふもとに ひめありて』ホ27
『ついにちなみて みそくいの たまくしひめも はらむゆえ』ホ27
『ゐよたまきねの いさこひめ ななよのかみの たかひとと』ホ28
『こたえてむかし ふたおろち ひめにうまれて きみめせは』ホ28
『もちはみこうみ すけとなる はやはひめうみ うちつほね』ホ28
『おとあしなつか めおこゑは ななひめまては かみくらふ』ホ28
『さるたひこ たたらなすおは みにいたり そこてひめうむ』ホ28
『ことしろえめは さるたひこ たたゆるひめの なはたたら いすすひめなり』ホ28
みらひめお めとりてうむこ たたひこか あたつくしねは おさななそ』ホ28
『ときにたけひと あひらひめ めとりうむみこ たきしみみ』ホ29
『かしはてによる うさこひめ たねこかつまと ちちにとひ つくしのをしと』ホ29
『ことしろか たまくしとうむ ひめたたら ゐそすすひめは くにのいろ』ホ29
『くめかこの いすきよりひめ おしもめに めせはきさきに とかめられ』ホ31
『めせはきさきに とかめられ ゆりひめとなり とのいせす』ホ31
『ふとしはる みすすよりひめ うちつみや しきくろはやか』ホ31
『しきくろはやか かわまため おおすけきさき あたかまこ』ホ31
『あたかまこ あたおりひめは すけきさき』ホ31
『かすかあふゑの もろかめの いとおりひめお ここたへに』ホ31
『かたきくにつこ つるきねか めのかつらひめ うちきさき』ホ31
『つるきねか めのかつらひめ うちきさき いとかつらより しもきさき』ホ31
『あめとみかめの きさひめも しもきさきまた ことめみそ』ホ31
『かたしほの うきあなみやこ きみとはつ ぬなそひめたつ うちつみや』ホ31
『これはくしねか おふえもろ ぬなたけめとり いいかつと ぬなそうむなり』ホ31
『しきはえか かはつめすけに これのさき おおまかいとゐ なかはしに』ホ31
『おおまかいとゐ なかはしに うむみこいみな いろきねの とこねつひこそ』ホ31
『にいみやこ うつしきさらき そひにたつ あめとよつひめ うちつみや』ホ31
『しきゐてかめの ゐつみすけ ふとまわかかめ いいひめお ここたへ』ホ31
『きみとしみそひ さかいおか わかみやのとき わかはゑか ぬなきめはすけ』ホ31
『ふそことし きしゑはつみか きさきたつ よそたりひめの としそゐそ』ホ31
『とちゐさか ひこかゐさかめ うちきさき なかはしにいて をしてもり』ホ31
『かすかをきみの おしひめお いれてうちみや ことしそみ』ホ31
『ふとしきさらき そひにたつ しきのおおめか ほそひめお きさきそ』ホ32
『かすかちちはやか やまかひめなる すけきさき』ホ32
『といちまそをか ましたひめ ここたえとなる うちよたり おしももよたり』ホ32
『なつうちめ やまとくにかか みつこうむ なはみなやまと』ホ32
ももそひめ ゐさせりひこに わかやひめ ははもやまとの おおみやめホ32
『そひふゆいもと はえおうち そみしはすはつ はえひめも またみつこうむ』ホ32
『ひこさしま とわかたけひこ ははもあけ わかおおみやめホ32
『ゐほせみな うちうつしこめ うむみこは やまとあえくに おおひこそ』ホ32
『そひやよひ もちにまたうむ ととひめは とみにみゆきや』ホ32
『へそきねか やまといけすに みあえなす めのいかしこめ かしはてに』ホ32
『そよふつき はにやすめうむ はにやすの いむなたけはる』ホ32
『のちおしまこと おうちかと たかちめとうむ うましうち』ホ32
『うましうち これきうつかと やまとかけ めとりうむこは たけうちそ』ホ32
『しはすそみかに ゆきりのめ たけのひめうむ ゆむすみの いみなこもつみ』ホ32
『やほやよひ かすかおけつめ すけかうむ いむなありすみ ひこゐます』ホ32
『そみむつきゐか きさきまた うむみまつひめホ32
『かつきたるみか たかひめか さのもちにうむ はつらわけ いむなたけとよ』ホ32
『おおひこのめの ことしそひ めしてきさきの みまきひめホ33
『きあらかとへか とおつあひ めくはしうちめ』ホ33
『かりすけとなる おはりかめ おおあまうちめ なかはしの をしてとるもり』ホ33
『これのさき めくはしかうむ とよすきめ おおあまかうむ ぬなきひめホ33
『はつきなか とはやかちはら めくはしめ おおみなくちと いせをうみ』ホ33
『われきくつまの あたひめか かくやまはにお ひれにいれ』ホ34
『すけやさか といちにもふて うむみこは とちにいりひめホ34
『あきはつきゐか きさきのと くにかたうちめ うむみこは ちちつくわひめホ34
『あらしとこれと とつかんと おもひゆくまに ひめうせぬ』ホ34
『ふねおうかめて ついにいる やまとなみはの ひめこその』ホ34
さほひめお うちみやにたつ にいみやこ うつすまきむき たまきみや』ホ35
『このつつき たるねかかはゐ つきひめお たつきさきとの』ホ35
かくやひめ なるうちめゐか ことほきし はつたなはたの かみまつり』ホ35
『うますにやめて みとせのち なつきそむかに うむみこの なはやまとひめホ36
ひはすひめ ぬはたにいりめ まとのひめ あさみにいりめ たけのひめホ36
『つきにうむ おおなかひめと わかきにの いむなはるひこ』ホ36
『すけぬはた うむぬてしわけ つきにうむ いかたらしひめホ36
『あさみうむ いけはやわけと あさつひめホ36
『かくきみか はなたちはなは かれかつま おしやまやりて よはしむるホ37
『むかしのひとの をおととむ をとたちはなと なおたまひ』ホ37
『ふほやよひ きひつひこかめ たつきさき はりまのいなひ をいらつめホ38
『いけすのそめは さしのそく おとひめとめて きみめしつ』ホ38
やさかいりひめ すかたよく きさひのみやに めさるとも』ホ38
『みさほならんか きみゆるし あねひめおめす』ホ38
『つきぬのしひめ ぬなきひめ かのこよりひめ ゐもきひめホ38
『ゐそさきひこに きひゑひこ つきたかきひめ おとひめそ』ホ38
『またいわつくの このみつは いらつめみおの すけうむこ ゐものめくすこ』ホ38
『またいそのかみ ゐそきねの ゐかわすけうむ かんくしと ゐなせひこ』ホ38
『またあへここと たかたうちうむ たけこわけ』ホ38
『またそをたけか たけひめは そむつきはらみ ふたこうむ』ホ38
『ひうかみゆきに かみなかか をたねおしもめ うむこのな ひうかそつひこ』ホ38
『またそをの みはかせうむこ とよくにの いむなそをひと ひうかきみ』ホ38
かんかしひめは ひとのかみ みつかひききて しつやまの さかきおぬきて』ホ38
『もろあかた ぬしらおほみけ ささけんと いつみめかやに そのつとえ』ホ38
『たちまちに ふたかみなりて あそつひこ あそつひめあり』ホ38
『みぬさるをうみ もふさくは やつめひめかみ みねにあり』ホ38
『またいわく つつうたむかし さゆりひめ としそこのとき』ホ39
はやすひひめも あしなつち ななひめまつる ためしもて』ホ39
『つまみやすひめ みやこより おくりてちちか ゐゑにまつ』ホ40
『やまとたけ いますのまこの たんやかめ ふたちいりひめ うむみこは』ホ40
『たりなかひこの かしきねと ぬのおりひめと わかたけそ』ホ40
『きひたけひこか あなとたけ うちつまにうむ たけみこと ときわけとなり』ホ40
『のちにひひめお うむときに ひるなれはなも ひるこひめミ1
『ねのくにの ゑひめさすらや おとさすら』ミ逸
『さくらたに たきつせのめわ せおりつめ おとわかさくらミ逸
あゆみてるめに したてると さたのたかめは たかてると』ミ逸
『いもこけの おろちかこりの ひめかむお たつとかくしの はかみなるかな』フいこけ

 
うひ(水埴)うめ(水埴)」の変態。
また「ひめ」は「ひむ(卑む・低む)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・沈む」などの意。これは陽陰の生成過程で、重く沈んだ「陰」が「地」となり「水と埴」となったことを意味する。

変態:「うひ(陰)」「うめ(陰)」「いめいも ・ゐも (妹)」「め(陰・女)」「はは(母)」「おは(叔母)」「おも(母)」

 
 

【(侍・侍女)】
治めるもの(女/陰霊)。世話するもの(女/陰霊)。

『うみてうみかわ やまのさち きをやくくのち かやのひめ のつちもなりて』ホ3
『たらちめの つかれにちしる ほそけれは ほいゐのかみの みちつひめホ4
『やおとのかみは ほのしつめ たつなみをさむ たつたひめホ22

 
ひむ(合む・引む)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・侍る・治める・世話する」などの意。
「女+臣」と書く「姫」という漢字は、本来この意味にふさわしい。

変態:「はめ(侍・侍女)」「め(侍)」「みめ(見侍)」「ゐめ(斎侍)
類語:「とめ(留女)」「とへ(留侍)」「め(侍・姫)」「いつき(斎)」「やつこ」「みつき(貢)」「みつえ(見仕え)」「みつえしろ(御杖代)」「みやつかえ(宮仕え)
派生語:「かやのひめ(萱の侍女)

 
 

【姫・比賣神】
タケミカツチの一人娘の通称。アマノコヤネの妻。

『いつしかひめも はらむよし あめにつくれは みことのり』ホ16
『こもりにこれお とはしむる ひめきみあひて みたねうむ みはたおこえは』ホ16
ひめはかえして いといなや いろせにとはは あちもまた』ホ16
『おりしもに ひめのなけきは こおをもふ かせのともしひ』ホ16
『こもりはひめの いきすみて ちはらおなてて ゑみすかほ』ホ16
『はらみこお とひうるための たひやとり あるひひめかみ またのとひ』ホ16
ひめはこやねの たけしるや しれりひとたけ ふたゐきそ』ホ16
『はらおひなせは みのいきす ひたちとなりて ひめのとひ うむときいかん』ホ16
『いきすもしれは いきすみや こやねとひめと ここにおき』ホ16
『もののへか めててつくれる かしまみや こやねとひめと いきすみや』ホ16
ひめはもろめの はらむとき いきすつつしみ をしゑます』ホ16
『かしまかみ ひめうむときに ははかなお こえとなつけす』ホ16
ひめなんち せなのみのたけ いくはくそ ひめのこたゑは』ミ逸

 
 

【(秀め)】
上るさま。日の出。

『むなさわき つらにのほせは ゑたひゑて ひめもすなやみ みけたへす』ホ16

 
ひむ(秀む)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・昇る」などの意。

  

10/03/07

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】