みちつひめ  ミチツヒメ  mitituhime

  

【(御乳つ姫)】
御乳の姫。貴人に乳を奉る女。

『たらちめの つかれにちしる ほそけれは ほいゐのかみの みちつひめホ4

 
みち(御乳)」+「つ(区分・所属)」+「ひめ(姫/侍女)
「みち」は「みつ(満つ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離すもの」で、「活力や成長の素・糧・乳」などの意。

類語:「おちつも(御乳つ母)」「ほいゐのかみ(補飯の守)」「ちも(乳母)」

  

10/05/28

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】