する  スル  suru

  

【為る・刷る・(添る・直る・統る)】【使役・尊敬の助動詞】
A: 合う/合わす。なす。用いる。在る。現す・表す。収(治)まる/収(治)める。直る/直す。縛る。

『ひあふきの いたもてつくる あふきて くにもりをさむ をしゑくさ』ホ1
やわしてあわお ゑなとして やまとあきつす あはちしま』
ホ3
『とよけみつから みそきて やちくらちきり ぬきんつる いつち』ホ4
『むかしたまきね ちかいて かつらきやまの やちみそき』ホ4
『もろかみの かみはかりて ものぬしか まくらことはの ゆゑおとふ』ホ5
『ゆつのつけくし おとりはお たひとみれは うちたかる』ホ5
『いなしこめきお そそかんと おとなしかわに みそきて』ホ5
『まかりなおさん かんなおひ おおなおひかみ うみてみお いさきよくて』ホ5
『そのうゑにたつ あさひみや きみねんころに まつりて』ホ6
『むかつひめより ことのり たかみにまつる とよけかみ』ホ6
『ことのりあれは かとてて みやつのみやに あるときに』ホ6
『きみはみやこお うつさんと おもひかねて つくらしむ』ホ6
『はなこきたれは ほこかくす みぬかほすれと うちにつけ』ホ7
『おけはいかりて ひたしす うちにつくれは とよひめに ひたしまつらし』ホ7
『あけまき もすそおつかね はかまと ゐもにみすまる からまきて』ホ7
『はたれのものの わさならす にけんとすれと かみいくさ』ホ8
『ふつぬしもろと ゆかけて さらにむかいて やおもとむ』ホ8
『たまかえしは ひとならん さきにまかるも をおときて ひとにうまるそ』ホ8
『にけんとするお たちからを はたれはるなに とひかかり』ホ8
『なもみつきつね みそみよろ たまたちんお かたかこふ』ホ8
『またとふやつこ こしはなに いわくなんちお やことん ゆえにのるなり』ホ8
『またはたれ なんちわかはゑ はちみする やつことんと なりめくる』ホ8
『はたれもひれ まはすはゐ みておとろけは かんかゑて』ホ8
『きらんとすれは いふきぬし ととめてこれも ちかいなす』ホ8
『かとりかいもと あさかひめ こことむすひの つまとて』ホ8
『ははやかかちの ひとみけと つつからるる ななむすめ』ホ9
『いなたひめて おおやひこ うめはそさのを やすかわに』ホ9
『かみはかりて はたれうつ きみはみそきの さくなたり』ホ9
『くしひこよ くにつめとらは うとからん わかみほつひめ つまとて』ホ10
『せみのおかわに みそきて ちのわにたたす みなつきや』ホ10
『かたしおとりて さかなのり おなしみちて みやにいる』ホ11
『はたれうたかひ かそえす わさもみたれは ををんかみ』ホ12
『さきにみつ あひせんつるお うほきみか とめてまねなす これいかん』ホ13
『そのみなもとは とよけかみ かつらきやまに みそきて』ホ14
『ししあちたしみ はやかれ ももやふももそ たまゆらに ちよろあれとも』ホ15
『わかみみも けかるるあかお みそきし なからふみちお よろこへは』ホ15
『みそよかも ひともとりて さつめへり』ホ16
『あるひみとのに みあえて こもりおまねき ものかたり』ホ16
『まれひとり ひめはひめなり またうまは まきれんために いみなん』ホ16
『そむよろやちの ものおて ひとのたましゐ よろこはす』ホ17
『まさにはつへし あめつちか わるさなそと さかしこそすれホ17
『くたりてともに とつきて みはしらまわり あわうたお』ホ18
『のりうしけれは うしとて たのあらすきや にもつもの』ホ18
しかしまた つよきよはきも たねにより けいろにわかつ よしあしも』ホ192
『まつそまおて きおきるは きやゑのひよし ておのそめ』ホ21
『かくみたひ のとてもちお なけちらす』ホ21
『このひあすかの みやしろと ふとたまおて いわわしむ』ホ21
『やなゐかくろひ うつろもり きねのひときお ゐやしろによ』ホ21
『きつおかなねの とつきて としのりかみの あれませる』ホ22
『おおとしかみと はにやすめ おころもともに ちかひて』ホ22
『をそれてもかの ものいみ みきめひとつて ねるつるき』ホ23
『むめのはなみの みあえて ひよみのみやの かとてのり』ホ24
『くまのよろきの たにんと おおたみしまか いかわなす』ホ24
『おとたまかわの しらすなに ひるねておる ちまたかみ』ホ24
『さめてかくする なにゆえや いわくみまこの みゆきさき かくおるはたそ』ホ24
『うかわかりやに みあえて あひまつなかた さるたひこ』ホ24
『さるたて たけのいわくら おしはなち いつのちわきの よろいさき』ホ24
『はらみやまから よもおみて すそのはひろし みつおうみ すそのたにん』ホ24
『こやねて にはりにととめ かつてて うみへおのほる みゆきふれ』ホ24
『しもめて いもとおとさん あたまくら ついにいつわり』ホ24
『ひめはすそのに うつむろ めくりにしはの かきなして』ホ24
『ひめうらみ ふすまかふりて こたえなし かえことすれは』ホ24
『おもひてわかの うたみそめ おきひこおて さおしかと ひめいたたきて』ホ24
『きみよろこひて こしならへ ゆくおおみやは やますみの みちむかえて』ホ24
『みやつくりて おわします なつめのかみか うふきなす』ホ24
『ゑとしかときけ くにたみお わかものにせな きみはその たみのきみなり』ホ24
『おおしまおて あわうみの みつほのみやお つくらしむ』ホ25
『つねにかりて たのしめは やまさちひこと』ホ25
『ひもくれて はゑはゆつりは しきもして いねもてまつ』ホ25
『きみはちおゑて よろこひに しかのかみて かえさしむ』ホ25
『なんちたすけよ われなかく おとのこまて かてうけん』ホ25
『かもおて きたつにゆかん わかために うふやおなして まちたまえ』ホ26
『おとたけすみと みなつきの みそきてのち うふやてて』ホ26
『このよしお みつほにつけは おとろきて ほたかみおて ととめしむ』ホ26
『さきにつみはと たけふつと いふきのみやに ふそよかた てをさめしむ』ホ27
『かんたちお ものぬしとて はてつみと ともにみそふお をさめしむ』ホ27
『ふとたまの まこみかしやお つまとて うましまちうむ』ホ27
『ひめはおもむろ みつはみや むかしなきさに ちかいて』ホ27
『とかくしおて わかみまこ たかのふるみや つくりかえ』ホ27
『よつきふみ ありとてあまの おしくもに のりてよつき やしろなす』ホ27
『いえはうつろゐ とひあかり なるかみてそ さりにける』ホ27
『みことのり やまくいおて めすときに ははこのほれは』ホ27
『ちちかなけれは いみなす いつものみこと ひとかよふ』ホ27
『みことのりて うちつほね ゐつせひたせは みこのなも みけいりみこそ』ホ27
『なんちおは あおかきやまに すませんと みやつくりて そこにおれ』ホ27
『みことのり うけめくりうゆ みやのまえ きみおわさねは いかにせんホ28
『もろかみいはふ かとてて くにくにめくり まさかきの』ホ28
『つくはとみ このことみなり とみおもて またきみとす』ホ28
『ときかすか ややえみいわく こよみなお あすすとんや』ホ28
『きみうすめて そことくに つふたつあはの さくとこに ひきあけさしむ』ホ28
『いなゐいさちて あめのかみ ははわたかみや いかかん』ホ29
『あにさからえと みあえて はかるくるりお しろしめせ』ホ29
『あたねて わけつちやまの みをやかみ みかまつらせて あたおうつ』ホ29
『にきはやひ いとみかしやお きさきと うむみこのなも うましまち』ホ29
『あめとみおて みやつくり きさきたてんと もろにとふ うさつかもふす』ホ29
『ものぬしか うたんとすれは ゐつせみこ おそれたかより ゆくつくし』ホ30
『きみとみもとの しとねしく とみももつかさ ことほき よろとしうたふ』ホ30
『めせはきさきに とかめられ ゆりひめとなり とのいす』ホ31
『くしみかた きみにもふさく しむのはち きみうなつきて ひそかにホ31
『わきかみの ほほまのおかに みゆきて めくりのそめは』ホ31
『ゑつはうつゆふ まさきくに かたちあきつの となめせる これあきつしま』ホ31
『うねひねの さゆのはなみと みあえて むろやにめせは』ホ31
『あにかこはみて おくりす われらまねくも いつわりそ これはからんと』ホ31
『ときあすす ももみそよとし つあとはる はつひさなゑの ことほきホ31
『みこうまんと みかやめる ときめをときて これおこふ』ホ31
『としはたち あすおしきねお をきみと かすかおたまふ』ホ31
『すわさかおりの たけひてる みあえてまつ やまのほり』ホ32
『みこのもはいり いきませる ことくみあえ よそやすき まつりこときき』ホ32
『なんちかまつり いさめすて おもねりきみお あなにする こころきたなし』ホ32
『けたしきわめて よるなりと あさひのはらに みゆきて』ホ33
『やもよろまねく ゆのはなの ももそひめて のりこちに』ホ33
『ゆあひて すかにいのりて つけもふす われうやまえと うけさるや』ホ33
『きみこれに ゆめあわせて ふれもとむ おおたたねこお』ホ33
『おおたたねこお ちぬすえに ありとつくれは きみやそと ちぬにみゆきホ33
『きみさかえんと たのしみて いきしこをて うらなはす』ホ33
『かみあかめ かみなふみなす かんへて やもよろかみお まつらしむ』ホ33
『なつきこか おおひこおて こしのをし たけぬなかわお ほつまをし』ホ33
『われはうた うたふのみとて きえうせぬ むなさわきて たちかえりけり』ホ33
『めをあやまりて ついてす ゑやみおこりて たみをえす』ホ34
『つきしることの ゆめすへし ともにゆあひ ゆめなして』ホ34
『とよきもふさく みもろゑに きにむきやたひ ほこゆけホ34
『みつかきの ゐそやほはつき みゆきて けゐおおかみに もふてます』ホ34
『これおすに さきにもふけて これくわん ぬしきたりなは あたいん』ホ34
『ふりねうたれて いつもおみ おそれてかみの まつりす』ホ34
『むそゐほふつき みまなくに そなかしちて みつきなす』ホ34
『みまなより そなかしちて みつきあけ はつみよいわふ』ホ35
『ひもかたな せんかたなくも そてうちに かくしいさめの せみなつき』ホ35
『はつひすへらき みゆきて くめたかみやに ひさまくら』ホ35
『かくやひめ なるうちめゐか ことほき はつたなはたの かみまつり』ホ35
『もうさくのみの すくねなり なかおいちて これおめす』ホ35
『ものいわす これなにゆえそ もろはかり やまとひめて いのらしむ』ホ36
『みことのり けくにのおとと たけみくら いわひぬしとホ36
『かねてねかえは このたひは よしこおうちの をみことホ36
『かまはたとへお きさきと いわつくわけの みこおうむ いむなとりひこ』ホ37
『みこのもはいり よそやよる はにたてもの しはすそか』ホ37
『すてにさります とみいきて なにかんとて おひまかる』ホ37
『かれこれゑんと みゆきて みのたかきたの たかよりの』ホ38
『あふみつき くまそそむきて みつきす おしてささけて みかりこふ』ホ38
『はなたれか みたりまたかり なおかりて うさにたむろ なりひひく』ホ38
『もろくれは ふつくころしつ みゆきて とよのなかおに かりみやこ』ホ38
『ともからの ちからつよきお あつめおく あなかちめさは いくさん』ホ38
『けむひは たたみこおもえ くのやまの しらかしかゑお うすにさせこのこ』ホ38
『みことのりて やしろたつ かみよろこひて まもるゆえ ゐゑゐしけれり』ホ38
『おうすみこて うたしむる おうすもうさく よきいてお あらはつれんと』ホ38
やすみせし おとめのみめに ましわれは たつさえいるる はなむしろ』ホ38
『かたましものお かんつよに まつろはよと さつけます』ホ39
『かなつきふかに かとてて みちおよこきり なかいせの』ホ39
『しもとゆひて みちおしる のそみめくりて かりたまえ』ホ39
やすんせて やつかれはしめ おのおのか まさにやけんお いのりまし』ホ39
『いまなんち ひとのすへらき きみとて つかえるなんち おとろえり』ホ39
『そむおひとおり すへゐおり やそおももと おりはふそ』ホ39
『かゑことすれは やまとたけ あらふるかみの あるおきき』ホ40
『つるきときおき かろんして いたるかみちに にきてなく』
ホ40
『あはれひとまつ ひとには きぬきせましお たちはけましお』ホ40
『かれらやすます ひもなきと なつかはきて はなふりお みなわけたまひ』ホ40
『たれとみわさお をさめんや もろにのりて かみおくり』ホ40
『ひめのもすそに つきをけの しみたるおみて やまとたけ みしかうたて』ホ40
『とかもより さわたりくるひ ほそたはや かひなおまかん とはすれと』ホ40
『いもせのみちは つらなりて たちわかるれと つりのをは きれはぬそと』ホ40
『むつかりか かまたすきて とるうむき なますになして すすむれは』ホ40
『としたあめみや こゑのみち みおまたくして なからえり』ミ4
『そさのをと あまのみちねと おともて ゐとせのうもち かえります』ミ5
『かくゑとの とさきのゆえは あめみをや のりてゑかみ ふゆおもり』ミ7
『もしやよこまの さはいは あらかねのはお うつろゐの』ミ8
『ゐくゐつなかゐ はひきて あすはふくゐの はしらたて』ミ8
『ひとをふせても あめわゆき とのかみおて うゐなめゑ』ミ9
『ことはつかひも このうたの なかのななねお もととて』ミ10
『ふたかみおもゐ はからつも ひかりおゐたく ここちて』ミ逸
『そのときあるし みあゑて こもりもてなす ものかたり』ミ逸
『いやまなる たかきはそひえ おりやん おりによそうて ゐやまなるへし』フいやま
『ふのよろは くにうむかみの をしおて わさもよろこふ もうけなりけり』フふよろ
『ふのそのは をこぬのかみの こかひて なもこゑくにの ふそのゑるなり』フふその

 
変態:「さふ(支ふ)」「しむ(占む・締む・染む)」「しる(知る・領る)」「すふ(据う・統ぶ)」「そふ(添ふ)
類語:「なす(為す)
派生語:「しかし(然し)」「すれあふ(擦れ合う)」「くすり(薬)

 
 

【剃る・擦る・掏る・(離る・退る・散る・反る)】
B: 離れる/離す。放つ。払う。発す。そる/そらす。ずれる/ずらす。曲る/曲げる。

『さそあしなんと はにしらん いやすりたける』ホ17

 
変態:「さる(去る)」「さむ(醒む)」「そる(剃る・反る・逸る)」「そむ(初む・背む)
派生語:「すり(擦り・掏摸)」「かする(掠る)」「すれあふ(擦れ合う)

 
 

【摺る・摩る・擦る・(更る)】
C: 行き来する/させる。回る/回す。揺れる/揺する。還る/還す。回帰する/させる。改まる/改める。

『うつほはたすく みつひやす ははけかれする はなもみも あめのままなり』ホ15
『すのちりの すられのみつの ことふきに なておさまりし すちりかみなり』フすちり

 
変態:「さる(更る)」「たむ(回む・廻む)
派生語:「さする(摩る)」「ゆする(揺する)」「ひすり(火擦り)」「かする(擦る)」「いかする(往か擦る)」「いかすり(座摩)

 
 

【(鋭る・優る・聳る)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「さゆ(冴ゆ)」「さむ(覚む)」「すむ(澄む・済む)」「そふ(聳ふ)
派生語:「するか(駿河)

 
 

【(垂る・退る・末る)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

変態:「さふ(障ふ・寂ぶ・錆ぶ)」「さむ(冷む)」「しむ(凍む)」「しる(痴る)」「すゆ(饐ゆ)」「そふ(障ふ)

  

09/12/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】