せな  セナ  sena

  

【せな】
1.しない! してはいけない。

『ゑとしかときけ くにたみお わかものにせな きみはその たみのきみなり』ホ24

「せ」+「な(無・退)
「せ」は「す(為る)」の未然形。
「な」は 否定の「ぬ」の変化で、「せな」は「せぬ・せず」の強意形。

2.否定の反語的表現。(緩やかな命令) =せぬや・せんや
 「せぬや・せねばなるまい・せなあかん」→「せえな・しいな・しようよ」

『おもえいのちは みのたから ことわさもせなホ15

 
 

【(背な)・兄な・夫な】
陽。男。夫。
 ●
女が夫や恋人を親しんで呼ぶ代名詞。 ⇔ いも(妹)

『ひめなんち せなのみのたけ いくはくそ ひめのこたゑは』ミ逸

 
せぬ(繁ぬ・聳ぬ・早ぬ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。これは陽陰の生成過程で、軽く先に上って「天」となった「陽」を表す。

類語:「せこ(兄子・夫子・背子)
反対語:「おうな(女)

  

11/04/29

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】