リ  ri

  

【り】断定・強意・存在。「あり(在り)」「なり(也)」「たり(足り)けり(然り)」の略。

『これみのうちの めくりよく やまひあらねは なからえホ1
『むへなるや ゆきのよろしも みよつきも よよのさいわひ ひらけと』ホ4
『またもとおとふ こたえいふ よよのとみゆえ ことなせホ7
『われよくしれ ともおこゑ ちからおかして ははかあけ』ホ7
『はたれおもえ やにあたり よみかえるかや いたまぬか』ホ8
『はたれまうはひ あらそえ みかたはふきお たきいふす』ホ8
『ここさわゆくや ひめおとり むらくもたひや ほたるひの わらひあさけホ8
『よよあらしほの あもあひに ひたせとさひぬ かんかかみ いまなからえホ8
『たかひこの いかりとかんと みちかうた よみてさとせホ10
『このうたに つつきもしれ たかひこも いかりゆるめて たちおさめ』ホ10
『をきなうなつき くしひこか いさめのすすか いまとけ くるしみはなに』ホ13
『ををんかみ こそむつきます このこやね ももつきませホ16
『ひめはこやねの たけしるや しれひとたけ ふたゐきそ』ホ16
『こもりまた これはかつてか よくしれ われかえるのち くたすへし』ホ16
『このゆえに よものまつりも おのつから ひとりにつけホ16
『ひとはあめつち かたとれ そらはたかまの はらのうち』ホ17
『またたちからを たにおてて たまゆらきけは みつしれホ17
『ほおあけて おきはしるめは おほそらお はるかにかけホ20
『からすたも よきいおうけて よろこへホ21
『いしくもこえ それやゑは むかしふたかみ くにしらす』ホ23
『かしはなすとき あしつひめ いめはらめと もうすゆえ』ホ24
『そののちに きみこのやまに のほりみて なかこやすめホ24
『あこよよあこよ したたみの いはひもとめ うちてしやまん』ホ29
『そのこたえ わかくにさむく つねのめは おのつとすけホ31
『もろいわふとき つのひとつ あるひとここに たたよえホ34
『あとおたつねて おひいた ふねおうかめて ついにいる』ホ34
『つくれはあにお ほろほせ つけさるときは かたむけん』ホ35
『おもえはなんた ふくそてに あふれてみかお うるほせホ35
『きみいわく たれそこたえて くにつかみ やしろやふれホ38
『みことのりして やしろたつ かみよろこひて まもるゆえ ゐゑゐしけれホ38
『かしはてか うくはわすれ くにことは みさらおうくは ゐはもこれ』ホ38
『われはこれ くにのつわもの もろひとも われにはすきす したかえホ38
『ゆくにさわらす せめはかつ すなはちしれ みはわかこ まことはかみの』ホ39
『おかみてきひの たけひこと おおともたけひ したかえホ39
『いまなんち ひとのすへらき きみとして つかえるなんち おとろえホ39
『それのきみ あすかおうちて くにおとる かみにたかえ かれなれす』ホ39
『まめもみさほも あらわせ かれそこもつす ものもつす つつきうたなり』ホ39
『さかおりの みやはむかしの はらのみや なおなからえホ40
『ときおくつるき まつのねに おきわすれしか なからえ かれにあけうた』ホ40
『みやすひめ もたえたえいり ややいけ ちちははらみの ゑおうつし』ホ40
『みなみむき あさきおうけて なからゑ みやのうしろお きたといふ』ミ1
『きみのをさむる まつりこと よろはたすへて よちおそなへミ1
『これむかし すくなひこより をおなむち われにさつけミ4
『としたあめみや こゑのみち みおまたくして なからえミ4
『これおこよみの うりふつき かれこゑくにの きみとたたゑミ4
『よろのあおはの かせかほる みやにうくれは なからゑミ9
『あいふへも おすしのかみは きつをさね ゐくらむわたお ととのえフ序
『ものねせは ゐけとむろとに をうなむち たわらわらはせ みきそつくれフもえて
『すのはらの まつりゆたかに ことふけは はらとうるわう たみそいたけフすはら

【り】「あり(在り)なり(也)」の略。状態を表す名詞を作る。

さらりむしさり ゑおはらひ やはりわかやき よみかえる』ホ1

【人・在】「あり(在り)おり(居り)」の略。 → たり・とり

みちのたてに へかさりお かけてよつむつ ふみわくる』ホ23
『このくにつこに よこへそ そえてあまねく みちわきて』ホ23
『もののへお やもつかぬる ぬしはこれ おおものぬしや』ホ23
『もろつかさ かたむたひまつ さきかりは さかきにふそ そえかふと』ホ40
『みこしあおほひ をさのとみ いえはとみそ みをすえは』ホ40
『いわひさをしか とみそふ つきみゆきもり もろつかひ みなおくりゆく』ホ40
『つきはひめみこ すけうちめ おしもあおめら みそそふ』ホ40

【垂】「たり(垂り)」の略。 上から下へ向かうもの(経糸)を数える単位。

『ゆふのはは たていとやも をさよもは やそひとよみ やひとて』ホ23
『このゆえは あやにしこりは おさはやも ひとはによたり みちふもホ23
みちのたてに へかさりお かけてよつむつ ふみわくる』ホ23
『ねはこねうすき くきひと よゑゐはひとみ こしろはな』ホ24

  

10/07/07

   

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】