ヰ  wi

  

【合・結・現・居・生・打・埋】合わせ。現し。打ち。埋め。補い。繕い。

『あるかたち つくるいさわの ををんかみ あまのまなゐに みゆきあと』ホ1
『をんめくみ なにわすれんと ゐゐなかす』
ホ7
『はたたかみなり いふきとは うつろゐまねき これおけす』ホ8
『かとりとかしま いきすみや たまふひたちの おひのなも ゐはたおひとそ』
ホ16
『あかまろゐくゐ しろまろは よものつなかゐ』ミ8

【埋・居・井・池】同上。 埋め。溜め。補い。「ゐく(埋く)」から。

『ささけはとこよ ゐのくちの すくなみかみの たけかふに』ホ2
『もしもゐのみつ くみたえて みけつのさわり あらんとき』ホ22
『まつかんさきの おおゐほり まなゐにいたり ぬさおさめ』ホ24
『たけひほほゑみ これなんち ゐなかにすんて さわおみす』ホ39
『こころゑひ もゆることくに あつけれは いつみにさます さめかゐや』ホ40

【在・居・位・坐・屋・家】同上。 在ること。居ること。収まる場/器。

『ひとのみと なりてはらめと なかゐして こそむつきまて くるしむる』ホ14
『とりよりさきに しるかみの しまはとりゐそ』ホ21
『ほのしつめ とのあけたてに すれあえは したおしきゐと うえかもゐホ21
『ははちちひめは のちのよお いせにはへれは ををんかみ おおなしくす』ホ27
いちゐたたせは たまきねの このなすことお のたまわく』ミ9
『ひおへてくにに いたります みこのよそゐの ひたかみや』ミ逸

【位・居】相当。相当する区分。位置。値。

くらゐのやまの いちゐさく よになからゑて さくもつは かみのほすゑそ』ホ4
『さかおかそえる みちたてて かのみもむそ あめのみち』ホ23

【射・気・霊・意】放ち。射出。気体。空気。気配。生気。元気。エネルギー。 =き・け

『はによりかせの ひとたつ これかみかたち』ミ7
『ゐきめたま おくるはすゐゐ ゑなかのり あをきおとれは あゐうくる』ミ9
『へのなわの つりはゑみすの ほとほとに あゐとたゐとの とみそまねける』フへなわ

【結・和・故・謂・意・気】「いふ」の名詞化。 合わせ。結。ゆえ。 意識。意図。関心。心。

『ををんたからの ゐもやすく やすくにみやと たたゑます』ホ序
『このゆえきみも とみたみも ゐおやすくぬる をんめくみ』ホ序
ほしゐおされは すすかなり たからほしきは すゑきゆる』ホ13
『わかこころ いれてゐやすく あめかまもるそ』ホ17
『ふゆはゆき よりてゆふをり きるときは かみしもよよの もやすく』ホ23
『こやねふとまに うらなえは やせひめよけん やひのは なかのやとなる』ホ27
『ものゐさは おころのかめる はおあかめ もあらためて きさおいさめよ』フもゐさ

【率】いる(率る・将る)の名詞化。統べ・治め。

『はたたかみなり いふきとは うつろゐまねき これおけす』ホ8

【斎・偉・厳・至・逸・活・鋳・炒・煎】正の方向に離れるさま。

『ここにひるこは ゐものしに かなあやゐさせ あまねくに』ミ10

【飯・活】同上。 生かし。活し。活力・成長の素。栄養。食。糧。 =いゐ(飯) 

『おしひとと いみなおふれて かみありの もちゐたまえは たみうたふ』ホ6
『むねあけは つあゑにいはひ あかこわゐ そみかしはあめ ひとつきと』ホ21
『かしはてか うくはわすれり くにことは みさらおうくは ゐはもこれ』ホ38

【陰・女・妹】「うひ(水埴)」の変態。負の方向に離れるさま。

『またきさき ひろたにゆきて わかひめと ともにゐこころ まもるへし』ホ28
『しゐたらさやわ めはくにの つきとみやひお あみやわせ ゐみちあらはす』ミ10

【忌・穢・卑】同上。

『ゆみつきのよは ゐのみつに ぬえあしもちか かたをゑお』ミ7

【亥】同上。 下。末。最後。

『ゆみつきのよは ゐのみつに ぬえあしもちか かたをゑお』ミ7

【五】

としふゆ をははかまきる めはかつき』ホ1
『おのつとこゑも あきらかに ゐくらむわたを ねこゑわけ』
ホ1
『はなきねは なにつつるお あねにとふ』ホ1
『さつちにをさむ やみこかみ おのおのみこお たりうむ』ホ2
『まさかきの うゑつきもに みつるころ よつきのをかみ』ホ2
ゐもつきあまの まさかきホ2
よのうた ことおむすはす ことあけも めはさきたてす』ホ3
『うゑつきは ふそひのすすの としすてに もふそよろなち もふそに』ホ4
『ふそひすす ももふそゑた としきしゑ はつひほのほの いつるとき』ホ4
『これなおさんと かんかゑて ゐねななみちの あわうたお』ホ5
『みこすへて をとみめなり』ホ6
『ひめないかしろ そくらと すへてみもなそ』ホ7
『さるもももくら ふむかそ つかむのむそて よもそくら』ホ7
ゐすことは ゐくらにひひく ねおわけて わのあはうたお をしゆれは』ホ9
『のちにわかひめ ひたるとき やくもゐすすき かたかきお ゆつることのね』ホ9
『さつさはらをひ ゐわたなす なかくたとほる』ホ14
『なつきちおにて ゐいろはに これくらわたと あふみなす ここもつつしみ』ホ16
『たとえははへる あおめたち ゐいろのはなそ』ホ16
『おひはゐわみの かためなり をはしたあわせ めはうえそ』ホ16
『ひめはこやねの たけしるや しれりひとたけ ふたきそ』ホ16
『ひとのりも そとせほほなる みそのはり ゐそはむなきの いさおしも』ホ17
『またなれしみて いつのりの ゐそこさつめの たゑわさの のりのりさたむ』ホ191
『めはなより おほねえやたの つつたちは ゐたゐきのりお』ホ192
『たとえふとくと やつゐゐの わりあひかかゑ たまふへし』ホ192
『みこはやふさの いてくるま ふそゐのはとお ゐつともの まもるみやつこ』ホ20
『ちはやひは よてのおとこ やさかひこ こもりのやつこ』ホ20
『はしらにまつる くらの としのりたまめ むわたのな』ホ21
『まつりこと たみのいもせは をさひとは ゐやくむをさは ひとてゆひ』ホ23
『ねはこねうすき くきひとり よゑはひとみ こしろはな』ホ24
『みはむしなお ゐつわけて なかすゐしかわ せきいれて』ホ24
『うつきもちより なそゐかは ひことうかやの うふゆあく のこるのりなり』ホ26
よたまきねの いさこひめ ななよのかみの たかひとと』ホ28
『ななのよね かゐにかしきて うけみたま ゐはしらまつり』ホ38
『はつはかしらの をしてえ めくらしつらぬ そのつきは』ホ39
『そむおひとおり すへおり やそおももとし おりはふそ』ホ39
『よのつめなそこ つすふつめ ゐのつめこそこ つすつくも』ホ39

  

10/03/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】