ゐたゐきのり  ヰタヰキノリ  witawikinori

  

【五尺五寸法】
5尺5寸の法則。(良馬の胴高の寸法を表す言い習わし)

『めはなより おほねえやたの つつたちは ゐたゐきのりお』ホ192

 
ゐ(五)」+「た(尺)」+「ゐ(五)」+「き(寸)」+「のり(法)

類語:「ゐゐ(五五)

【寸】キ  −広辞苑より−
馬のたけを計るのに用いる語。四尺を標準とし、それを超す高さを一寸(ひとき)・二寸(ふたき)…と数え、五尺を十寸(とき)という。九寸以上を「丈(たけ)に余る」という。

「五尺五寸」は上に言う「四尺」と同じ長さと思われる。
これは一尺の長さが22.5cmから30.3cmに変わったことによる修正だろう。

  

14/10/21

   

基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】