とりゐ  トリヰ  toriwi

  

【(躍揺・通)・鳥居】
1.往来。往き来する所。出入りする所。 =かと(門)
2.ニワトリの居る所。
3.二尊の「和の心」を形にしたもの。

『とりよりさきに しるかみの しまはとりゐそ』ホ21
『いたわりお しらねはかみは とりゐぬそ ほつまおなめて とりゐなりける』ホ21
『ゆききとりゐの ふたかみと ききておのおの をしてそめけり』ミ3
『をのなわの ゆうはさるたの つつまやか とりゐにほとお かくるかさなわ』フをなわ

 
[1]
「とりゆ」の名詞化。
とる(回る・躍る)」と同義語「いゆ(揺ゆ・往ゆ)」の合成。
ここでは「C: 行き来する/させる・入出する/させる・通る/通す」などの意。
[2]
とり(鳥)」+「ゐ(居)

類語:「かと(門)」「しま(締め)」「ゆきき(往き来)
関連語:「とりいぬ(躍り往ぬ)

  

09/10/04

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】