いそ  イソ  iso
ゐそ  ヰソ  wiso

  

【(端・縁)・磯】
端。縁。限り。際。境界。

いそのはの まさこはよみて つくるとも ほつまのみちは いくよつきせし』ホ序
『たつやみつちの ちからゑて つつかもなみの いそにつく』ホ序
『かかんなす はるのひとしく めくりきて いそのまさこは いわとなる』ホ序
『たつやみつちの ちからえて つつかもなみの いそにつく』ホ26
『やまとひめ うちはたとのの いそみやに ひらきしつかに』ホ38
『きひたけひこお おおいそえ おおともたけひ おおやまの』ホ39

 
いす(結す/逸す)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・添う・沿う」、裏を返せば「B: 離す・分ける・区切る」などの意。

変態:「はし(端)」「はた(端)」「ふち(縁)」「うと(鵜戸)」「うた(宇陀)
類語:「はま(浜)」「きわ(際)」「きり(限)

 
 

【(結・和)】
和合。陰陽和合。調和。

『やまとひめ うちはたとのの いそみやに ひらきしつかに』ホ38

 
いす(結す)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・和す・結ぶ」などの意。

変態:いせ(妹背・和)」「いさ(和)

 
 

【(結・群・軍)・争】
1.
集まり。群れ。軍。
2.匹敵。対抗。敵対。戦。 軍器。武器。

『ちつるきうつす いそのかみ かみかかすかの いちかわに つけおさめしむ』ホ37
『またいそのかみ ゐそきねの ゐかわすけうむ かんくしと ゐなせひこ』ホ38
『ときやまとたけ おおいそお かつさえわたす いくさふね』ホ39

 
いす(結す・比す)」の名詞化。
ここでは「A: 合う/合わす・集まる・匹敵する」などの意。

変態:「いさ(争)
類語:「いくさ(軍・戦)」「すまい(争い)
関連語:「いそふ(争ふ)」「いさかう(諍う)」

 
 

【(出・逸)】
離れるさま。それるさま。外れるさま。曲るさま。ねじけるさま。

『さわるいそらの みそきにて ゑなのかこみは おのころの たまことならは ゆきよろし』ホ4
『ひひめはもとめ たまねひめ いそよりひめに むれのひめ』ホ10
『ももにちまつる ちのわぬけ ゐそらおはらふ みなつきや』ミ9

 
いす(出す・逸す)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・それる・外れる・曲る・ねじける」などの意。

変態:「うそ(嘘)

 
 

【五十】
1.50。 
2.至り。極み。完成。成果。

『ひとのりも そとせほほなる みそのはり ゐそはむなきの いさおしも』ホ17
ゐそすすの ちゑのはたとし あめかわる こよみまたとて ものぬしか』ホ28

 
ゐ(五)」+「そ(十)
また
いす(秀す)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る」などの意。

  

10/01/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】