まな  マナヰ  manawi
まない  マナイ  manai

  

【真名井】<地名>
(トヨケとアマテルが)並んで居る(埋まる)所。

『あるかたち つくるいさわの ををんかみ あまのまなゐに みゆきあと』ホ1
『みやつより はやきしとへは あまひかみ いそきまなゐに みゆきなる』ホ6
『もちこのすけと はやこうち あちことみたり はやゆきて まなゐのはらの みやつかゑ』ホ6
『そさのをは これととのひて まなゐなる かみにまふてる』ホ7
『むかしきみ まなゐにありて みすまるの たまおそそきて たなきねお』ホ7
みつほまなゐに のりみゆき しはしはまつり きこしめす』ホ192
『まつかんさきの おおゐほり まなゐにいたり ぬさおさめ』ホ24
まなゐにちきる あさひみや おなしところと のたまえは』ホ28
『みゆきのみこし まなゐにて あまてるかみは うちつみや とよけはとみや』ホ28
『もちこのすけと はやこうち あちことみたり はやゆけと まないのはらの みやつかえ』ミ5

 
まな(和・真似)」+「ゐ(埋・結・居)
「まな」は「まぬ(和ぬ・交ぬ・真似)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・匹敵する・並ぶ・そろう・重なる」などの意。

別名:かさぬひ(笠縫)」「よさ(与謝)」「この(和・交)「にふ(和)ゆきり(由碁理)」「たには(丹波)
類語:「みやつ(宮津)
派生語:「まなゐのはら(真名井の原)」「あまのまなゐ(天の真名井)」「みつほまなゐ(御壺真名井)

『まなゐにちきる あさひみや おなしところと のたまえは』ホ28

  

10/03/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】