しま  シマ  sima

  

【(締・占)・島・嶋・州・洲】
1.分割したものの一。区分。区画。方位・方向。時分。

しきしまのゑに ひとうまれ みそひかにかす めはみそふ』ホ1
『いよあわふたな おきみつこ つくしきひのこ さとうしまホ3
『あわうたに をさむはらみの みやにゐて すてにやしまの くにうみて』ホ3
たましまかわの うちみやに やとるこたねの とつきのり』ホ4
『はやこかみつこ ひはたけこ おきつしまひめホ6
『ふはたきこ ゑつのしまひめ みはたなこ いちきしまひめホ6
『ひめひとなりて おきつしま さかむゑのしま いつくしまホ7
『すくなひこなは あわしまの かたかきならひ ひなまつり』ホ9
『したてると なしてわかくに たまつしま としのりかみと たたゑます』ホ9
『ちちのかりなみ たましまえ しはするときに ちなみあひ』ホ16
『とほこもて さくるみほこの したたりか こりなるしまお おのころと』ホ18
『かくそみこころ つくしもて たみもゐやすく なすくにお おのころしまと』ホ18
『なかはしら たててめくれは おおやしま とふるまことの とのをしゑ』ホ23
『やよひには きひたかしまに なかくにの まつりをさめて みとせます』ホ29
『ふとしふゆ むろあきつしま にいみやこ』ホ31
『むとせのち おもむろおさむ つるきしま なつきすえよか めともやむなり』ホ32
『ふそかあしきた こしまにて ひてりにあつく みつおめす』ホ38
『おはりつしまに いたるとき むらしむかえは このことく』ホ40

 ●特に外界から孤立する区画。離島。孤島。洲。

『やわしてあわお ゑなとして やまとあきつす あはちしまホ3
かつしまや かつみねやまと しまあいに かつうおなれは』
ホ24
『おきつとり かもつくしまに わかいねし いもはわすらし よのことことも』ホ26
『ものぬしか たちにおわれは すすきしま おもむろおさめ たけふかみ』ホ28
『ことつくる なもいすきうち しまうみも なはいすきなり』ホ28
『ゑつはうつゆふ まさきくに かたちあきつの となめせる これあきつしまホ31
『ひとなりみれは きみならす さらにかえりて みやこちと うらしまたつね』ホ34
『いわかとに しみつわきてる これささく かれになつくる みつしまそ』ホ38

 ●占め。占拠する区画。支配する区画。

『とりよりさきに しるかみの しまはとりゐそ』ホ21

2.締め。縛り。制限。関。門。 =かと(門)とりゐ(鳥居)

『つほわかみやの とのしまも たかやいらかも ふつくなり』ホ11
『くしまとは ひのしまおもる いわまとは つきのしまもる』ホ14
いくしまと たるしまよもの みかきもり』ホ14
しまからふかと なかすみに よりてさたむる』ホ21
『かとのたかやに やまさかみ まつるはたみの からふしまホ21
『くまのよろきの たにせんと おおたみしまか いかわなす』ホ24

 ●取り締まる者。支配人。

おおしまおして あわうみの みつほのみやお つくらしむ』ホ25

 
しむ(締む・占む/散む)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・締める・閉じる・囲む」、裏を返して「A: 離れる・分れる・区切る」などの意。

変態:「しめ(占め・締め・閉め・〆)」「しふ(州)」「しい・しゐ(州)」「しほ(州)」「すみ(州・島)
類語:「す(洲・州)」「し(州・島)」「と(処・手・方)」「ち(方・州・路・処)」「かた(方)」「けた(方)

 
 

【(然・状・様)】
1.そうであること。その状態。

かしまたちつりたいのあや』ホ10
『あらたけこころ こにもとめ ききすきねちけ よこしまの はたれとなるそ』ホ17
『きはさかしまに かしらした かれむねおもて やねとなす』ホ21

2.写り。映り。見た目。表れ。感じ。

 
しむ(親む)」の名詞化。 
ここでは「A: 合う・当る・写る・匹敵する」などの意。

変態:「さま(様・状)」「しみ(染)」「そめ(染)
類語:「しか(如・然)

 
 

【(下・粗・隅・末)】
負の方向の離れるさま。「低まる・端にある・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・果てる」さま

『ふものかは しまにさすらす みけたかは かみつめぬきて いれすみし』ホ23
『わかひかる はらみつにしき あつたかみ もとつしまはに おれるかひかわ』ホ40

 
しむ(垂む)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・低・端・後・粗・暗・静)に離れる」で、「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「しも(下)」「すみ(隅)」「すえ(末)
関連語:「そまつ(粗末)」「ちまちま」「しまね(島根)」

 
 

【(閉・締)・縞】
挟まるさま。囲むさま。閉じるさま。合い。間。

『ことつくる なもいすきうち しまうみも なはいすきなり』ホ28

 
しむ(閉む・締む)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・挟む・閉じる・囲む」などの意。

類語:「あや(紋・綾)」「あい(合・間)」「またら(斑)

  

10/02/24

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】