たかしま  タカシマ  takasima

  

【高島・高嶋】<地名> 
正の方向に離れる区画。 中心の区画。君が政を執る仮都。
 ● (近江)高島。ニニキネ
仮都。

『いたるたかしま ささなみの さくらもよしと おりかさし』ホ24

 ● (吉備)高島。タケヒト仮都。

『やよひには きひたかしまに なかくにの まつりをさめて みとせます』ホ29

 
たく(長く)」と同義語「しむ(繁む)」の連結の名詞化。 
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。
また「たか(高)」+「しま(州・方)

類語:「たかみ(高み)」「たかま(高天)」「たかみや(高宮)」「たかや(高屋)

  

09/12/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】