もる  モル  moru

  

【守る・盛る】
A: 合う/合わす。(心身を)合わす。そばに侍る。仕える。世話する。治める。保つ。調える。

『ひあふきの いたもてつくる あふきして くにもりをさむ をしゑくさ』ホ1
『ひたるのときに おもいかね わかひめともに もりそたつ』ホ11
『ふつぬしと みかつちつねに はんへりて まつりこともれホ11
『たかきこたえて ひのきみの みやもるからす こかねはく』ホ11
『あがたもり さともるひこも それたけの むろもあらかも おなかなり』ホ13
『ひはあめに つきはつちもる よめのみは よをとひとりに むかふひそ』ホ13
『くしまとは ひのしまおもる いわまとは つきのしまもるホ14
『いくしまと たるしまよもの みかきもりホ14
『こおこふる いもをせのかに こもりくの こもりそたてん たらちねのかみ』ホ14
『なんちうけへし あめのかみ やまさおうみて みかまもりホ21
『おころのかみと なおたまふ よよいかすりて あらやもるかな』ホ21
『きのこかとこれ きつをさね をはうちおもるホ21
『むつのなは そろををとしの ちからもる ををとしかみと たたえます』ホ22
『すみよろし ゑおころもらは おとおころ かたみにかわり』ホ22
『きねのひときお ゐやしろに ゑとのむそかに もりあまる』ホ22
『やなゐかくろひ うつろもる うつろゐのかみ あらはれは』ホ22
『かきをみは よこまおからし もののへの ちからもるてそ』ホ24
『ともにむつみて ゑとかみの そのひそのたみ もることく』ホ24
『ともにゐこころ まもるへし われはとよけと をせおもる ゐせのみちなり』ホ28
『さかみおもれは つみきえて またひとなると をおきれは』ホ28
『たかのみやもる うものぬし くしみかたまに みことのり』ホ29
『かきをみは よこまおからし もののふの ちからもるてそ』ホ30
『にしきみこ いもとにいわく われをひぬ みたからもれよ』ホ37
『よにますことく みやすひめ きりひのかゐお もるひらへ』ホ40
『おほたんやわけ みけかしき ちりひるめしと もるひらて』ホ40
『このかみは はらわたいのち みけおもる うましあしかい ひこちかみ』ミ6
『めをおえは もちのあしたは ひもろけの あつきのかゆに ゑやみよけ』ミ7
『ほのかみきねに なめうけて はのふめもりて あふみまつ』ミ7
『かのなめは あのあかりもる ほつきなか みめにとくつき』ミ7
『ゑとにはんへる みそのかみ ひひにかわりて むそかもる むわのなめこと』ミ7
『はつむかそよか さのみそか すへひとせもる なめことそこれ』ミ7
『かくゑとの とさきのゆえは あめみをや のりしてゑかみ ふゆおもりミ7
『とかみはなつの そろおもる なかくひとくさ うるほせは』ミ7
『かくめをおもる そのなかに とはみなみむく ひとくさの ことほきのふる』ミ9

 
変態:「まむ(塗む)」「みる(見る)」「むる(群る)」「もふ(思う)」「おる(織る)」「ほる(惚る)」「よる(寄る)
類語:「つかふ(仕う)」「さふらふ(侍ふ)」「はへる(侍る)」「みはる(見張る)」「をさむ(治む)
派生語:「もりもろ (守)」「もろ(諸)」「まもる(守る)」「こもる(籠る)」「もらふ(守らふ・貰う)」「みもろ(御諸)」「つもる(積る)

 
 

【漏る・(放る)】
B: 離れる/離す。放つ。分れる。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『かみのり とほりてそ あめのみをやの まなこより もるるひつきと』ホ4
『くゑひこか かんみむすひの ちゐもこの をしゑのゆひお もれおつる』
ホ9
『まつりなけれは あまめくみ もれておつるそ』ホ13
『ももよろは かかみのをみに おこれとも ひとりもれなは こころみかけよ』フもよろ

 
変態:「まる(放る)」「まぬ(免ぬ)」「おる(折る)」「のる(宣る)」「ほる(彫る・放る)
派生語:「もり(漏り)

 
 

【盛る・(茂る・燃る)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『ややししおもり めくりへる あすむそみたひ つきむそふ』ホ16
『もとちはたれは たちおちに ひとみにもれと なおいかり』ホ25
『しのやまは たおうけもちの やつみみも かせうほつみも ちからもるなり』フしやま

 
変態:「まふ(舞う)」「むる(蒸る)」「もふ(詣ふ)」「もむ(揉む)」「よる(選る)
派生語:「こもる(籠る)」「こんもり」「おもる(重る)」「もり(森)」「はもる(栄盛る)」「つもる(積る)」「ゑもり(燻り)

  
 

【(減る・転る・没る)・漏る】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『かみのり とほりてそ あめのみをやの まなこより もるるひつきと』ホ4
『くゑひこか かんみむすひの ちゐもこの をしゑのゆひお もれおつる』
ホ9
『まつりなけれは あまめくみ もれておつるそ』ホ13

 
変態:「まる(転る)」「める(減る)」「おる(下る)」「ほる(恍る)

  

10/01/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】