ヨ  yo

  

【四】寄す。合わす。熟む。

『ゐくらむわたを ねこゑわけ ふそにかよひ よそやこゑ』ホ1
『をはきみの くにをさむれは きつをさね よもとなかなり』
ホ1
『なかつきはみめ しむそ よへ こゑのよそやち あわのかみ』ホ14
『はなもみも あめのままなり みつはくふ ふはくわぬそ』ホ15
『としおこゆれは たらちねの よ そふみそみの をゑくまも』ミ1

全 部見る 

【齢・生・熟・老】「よふ(熟ふ)」から。「よわ ひ」の短縮。

『よろのよわひの みことひこ ややち よたもつ たみもみな』ホ14
『きよなおはめは ちもきよく うしほのことし よ よたもつ』ホ15
『くしひこは やまとやまへに とのつくり おかんかえは』ホ23
『うまれさかしく なからえも ちはももと なりか れて』ホ27
『あめなかぬしの もはかり あめのめくりの もよとめち』ミ4

全 部見る 

【夜・世・穢】負の方向に離れるさま。陰。水埴。月。夜。暗。汚穢。この世。地。

『そろにみのりて ぬはたまの のかておうる おんたから』ホ1
『いさなみは よのくまなすも わかをゑと』
ホ3
『このあちお ぬ はたまのよの うたまくら さめてあかるき まえことは』ホ5
『うりふひめ なかこおすけに そなゑしむ これおこ よみの うりふつき』ホ6
『つきはよ る つまなうとみそ うちをさむ めかけのことは なまつりそ』ホ13

全 部見る 

【代・節・曜・治・結・家】(1)治め。政。まとまり。系。統。連続。期間。(2)一区分。一区画。

きみかよの  すえのためしと ならんかと』ホ 序
『いそのはの まさこはよみて つくるとも ほつまのみちは いくつ きせし』ホ序
『かみそのなかに あれまして くにとこたちの と こよくに』ホ2
よつきのかみ は くにさつち さきりのみちお うけされは』ホ2
うみての きみとみのみち とのをしゑ さかりもとらは ほころはす』ホ3

全 部見る 

【弥・万・余・大・(世)】正の方向に離れるさま。多数。いよいよ。たいそう。
 (「世にも恐ろし」など「世」の漢字を当てる場合が多い)

『かれによのうち  むつましき ゑとおなつけて はらからと いふもとおりそ』ホ24
『なんちふたりも なからえす いつせはこなし たけひとは よ のみをやなり』ホ27
『わかみやの ときによそよろ よ のまつり またみそゐよろ ゆたかなり』ホ28
よにはやるう た のりくたせ ほつまちひろむ あまもいわふね』ホ29
『かみとなること あすききて おひまかるもの みそみたり よ にうたううた』ホ31

全 部見る 

【万】同上。10,000。

『およへとも よほ つきこなく みちおとろひて わいためな』ホ2
『きよなおはめは ちもきよく うしほのことし よ よたもつ』ホ15
『むそとしの すはゑもむもに そゑたおえ む よとしちゑに つきかるる』ホ18
『たみつうむ あそへのおかの ゐゆきやま なさとうみて』ホ24
『みなふしなひけ をさむるは や よほにたれか またあらん』ホ27

全 部見る 

【陽・男・夫】同上。陽陰の生成過程で先に上った「陽」の属性。

『としおこゆれは たらちねの よ そふみそみの をゑくまも』ミ1

【好・熟・善】(心に)合うさま。正の方向に離れるさま。

『しほれてもや あかつまあわ あかつまあわや』ホ7

  

11/03/09

  

 基本理論はこちら

【ホ ツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホ ツマツタエのおもしろ記事】