なし  ナシ  nasi

  

【無し】
B: 離れる如し。退きたる如し。空きたる如し。

『よにあらわせる そのふみは ほつまつたゑに まさるなしホ序
『みけかさなれは よわひなしホ1
『これかえさんと かえらねは ことのはなくてホ1
『おもえらく はしかけなくて むすふやは 』ホ1
『いにしえの あめつちうひの きはなきに きさしわかるる あうのめを』ホ2
『およへともよほ つきこなく みちおとろひて わいためな』ホ2
『ひめみこうめと つきこなく たのしなきとて』ホ4
『よのくまなせは ははのみに すてところなき よのくまお』ホ5
『うるわしや われそのちゐも うみてあやまち なきことお まもる』ホ5
『ひめないかしろ ゐそくらと すへてみもなそ』ホ7
『あかつちみやに とつかんと いえとみやなくホ7
『いわむろに いりてとさせは あめかした かかもあやなしホ7
『そさのをか しわさはしむの むしなれと さかなくつつか なからんやわや』ホ7
『われもなし ゐつくしおもて かんかたち なかこすなおに かんちから』ホ8
『つはものぬしか たまかえし きよきまことの はなふりて みちにあもなしホ8
『やともなく ちにさまよひて とかめやる』ホ9
『なもなくて あめおなくやと わかひこか ははやおいれは むねとほり』ホ10
『とひてたかみの まへにおち けんけんもなく ちのははや』ホ10
『ともなれはこそ おちにとふ われおなきみに あやまつは』ホ10
『みるめあふかゐ ゆるはまお とえはなもなしホ11
『わかこつらつら みちゆかは ひつきのさかゑ あめつちと まさにきわなしホ11
『たとふれは しほのあちあり はからねは あちなしやけと しほならす』ホ12
『いもをせは やもよろうちの わかちなく みなあめつちの のりそなふ』ホ13
『つきはもとより ひかりなし ひかけおうけて つきのかけ めをもこれなり』ホ13
『はらあしことは なかるへし はらやめぬまに たえにさとせよ』ホ13
『こすゑおもふに いましめの なけれはみたる』ホ13
『ほしにむさほる こころなく ゆききのみちも おほゑしる』ホ13
『まつりなけれは あまめくみ もれておつるそ』ホ13
『わかこのことく とりたてて みなたすときは ほしもなしホ13
『うらやむものか かむゆえに たまのをみたれ みやなくて すゑまもらぬお』ホ13
『ときにしほかま こなきとて とえはかすかの をしゑには』ホ13
『たとえめあれと よつきなく ゑんとおもはは あくりしれ』ホ14
『ややうまるれと みひたしに ひとひもやすき こころなしホ14
『まねかはうえに あらはれて はたれやふれは さはりなしホ14
『わかうまれねに あかもなく あをうけうまれ ねはきよく』ホ15
『よろきみも ひとりいのちの かわりなしホ15
『をのこなけれは かしまきみ かとりのみやに ゆきいたる』ホ16
『しろすことくに ひひめあり つきこなけれは かすかとの』ホ16
『たまこつむ やすきひもなく みつおこひ あるはすおこひ』ホ16
『てれはめすとも いくたひも おそれてのちは うらみなし つつしみはこれ』ホ16
『みのはなも ひともうつれは ちるはなそ たれさしうらむ ひともなしホ16
『そのひとは またたちもたす つゑうたす ひとうちころす ゆえもなしホ16
『たもをしも ちなきのたらよ かんかみて たすくるたみは このことく』ホ17
『とみたみこまこ へたてなく ゐつくめくまん おもひなり』ホ17
『うつほはあまの こころはの つねにめくれと みゑなくて』ホ17
『あおひとくさの ことことく あめのみをやの たまものと まもらぬはなしホ17
なすことなくて かなしきは よそはよろこふ しむのはち くやめとかえぬ』ホ17
『ひとにおけらは かきりなし なかくつちかふ をしゑなすへき』ホ17
『みやひより むねにとほれは あやしなく みおをさむれと』ホ17
『みやひなけれは みもかるる かれていろほし なんのためそや』ホ17
『このみつに つけあらはれて ををやけの つみまぬかるる ところなしホ17
『ふたかみの うきはしにたち このしたに くになからんと』ホ18
『たとひとふとも のるひとの ゆくりなけれは あえとはす』ホ191
『くつはみの はにゆふはしお まてにもつ あたはしりなき ひとぬきま』ホ192
『いまはるなれは にしのそら たみつかれなし よしよしと みことさたまる』ホ20
『つくろひなりて またもとす これかりうつし さわりなしホ21
『わかたみお ゆえなくとかむ たみはたお こやしそろうゆ』ホ21
『このかみの つねにめくりて まもるゆえ ひみつのわさの さわりなしホ22
『さわりなけれは をさまりて かくつちかみと はにやすめ』ホ22
『ひみつのみつの たからおの すさみなけれは いさきよく』ホ22
『くにとこたちの よにはまた ほこなきゆえは すなほにて』ホ23
『かねりにほこお つくらせて ときものきれは よつきなしホ23
『あめのかみ つきなくまつり つきんとす かれいさなきに のたまふは』ホ23
『つみあるものお かれといふ なきはいきなり』ホ23
『たとゑははやし きりひらき たくにこたまの なきことく』ホ23
『きはきのかれて おもひなし かれにつるきと なつくなり』ホ23
『ゐつあさまみね やまたかく みつうみふかく ならひなしホ24
『むめさくら うはなとかわり あやしめは きみにつくれと かえなくて』ホ24
『ひめうらみ ふすまかふりて こたえなし かえことすれは』ホ24
『はけやまお とえはあれおさ あきといふ きのあるなにて なきいかん』ホ25
『とはちおとられ よしなくて にいちもとめは ゑはうけす』ホ25
『たちおちに ひとみにもれと なおいかり さわなきもとの ちおはたる』ホ25
『くちめかつりも よしなしや あかめひとりは めなしあみ』ホ25
『みやいかり みちなくわれお なせのろふ ゑにはおとから のほるはす』ホ25
『はらはひに よそひなけれは とほそひく おとにねさめて はつかしや』ホ26
『さきにみこなく かくやまか あめみちひめお ゑゑなして』ホ27
『あまつひつきの さかゑんは あめつちくれと きわめなきかな』ホ27
『あめつちの かみもくたれは みをやかみ よよのみをやの つきこなしホ27
『ときにおしくも なあてなし こやねふとまに うらなえは』ホ27
『おちなくて ふれたつぬれは これのさき かもたけすみと いそよりと』ホ27
『こはちちもなく かみなりそ ちちかなけれは いみなせす』ホ27
『あのみちまもる ひともなし もろともほむる かみもなしホ27
『なもいさなきと いさなみの あめふたかみの みこなきお』ホ28
『みかさやしろの たまかえし くにをさまれは かれもなしホ28
『くにくにめくり まさかきの ふたゑみゑとゑ かつてなくホ28
『あるしとふ すすなえありや かつてなし ておむなしくす』ホ28
『さるたうけとり とわんとす はやめおとちて こたえなしホ28
『みをやすへらき みこなきお おしくもいのる そのふみお こえとさつけす』
つつかなく ゆくあらさかに いそらなす にしきとこはみ をえはけは』
ホ29
『いなむとこなき あめのつみ おのかくるりに まかるなり』ホ29
『いまはなきゆえ そのつかひ よりてはかれは みないわく』ホ30
『ふそよとし きみよつきなし くめかこの いすきよりひめ おしもめに』ホ31
やわなきお おつてといえは みこもさる ことめかつくる くしみかた』ホ31
『すめみこやゐに のたまふは ゑとのたかひに きしらふは あつくひとなし』ホ31
『わかみやの もはいりよそや ほきもなし いさかわみそき みやにいて』ホ31
『われむかしこの ゑおみれと あてなてたかく これおすつ』ホ32
『いわくいせには めとつきて うみのをやなし むかしおは めい』ホ32
『こたえてわれは くにつかみ おおものぬしそ きみまつる ことしるしなしホ33
『うたすみさかも おおさかも かわせさかみお のこりなくホ33
『やくもたつ いつもたけるか はけるたち つつらさわまき あわれさひなしホ34
『きみうまれつき たたなおく こころほつまに おこりなくホ35
『ひもかたな せんかたなくも そてうちに かくしいさめの せみなつき』ホ35
『これおふみはる わかちから よにくらへんと もとむれと なくてまかるや』ホ35
『これゑんと はるかにゆきし とこよとは かみのかくれの およひなきホ37
『やまへこひたり みつなきお あめにいのれは いわかとに しみつわきてる』ホ38
『あそつひこ あそつひめあり きみなんそ ひとなきやとは』ホ38
『いそみやに ひらきしつかに ひのかみお まつれはなかく うまなくそ』ホ38
『にしはことなく たたきひの あなとなみはの かしはたり』ホ38
『ときやまとたけ おたけひて にしむけまなく またひかし』ホ39
『われきくゑみし むねしのき あれおさもなく むらきみら あひおかしえる』ホ39
『なんちよよ きみなくこよみ いつれそや こたえていせと』ホ39
『つるきときおき かろんして いたるかみちに にきてなくホ40
『きつおむけ ことなれはみお ほろほせる かれらやすます ひもなきと』ホ40
『まてにはへりて たすけしに ほつまおうたす ひとなきお』ホ40
『こはそもなんの わさはひそ ゆくりもなくて あからめす』ホ40
『みもろにおけは ほともなく きおきりたみお さまたける』ホ40
『きみのたまわく ゑみしらは ひとこころなく おきかたし』ホ40
『ゐそみほほつみ みことのり かえりおもえは やむひなしホ40
『いわくをやこの ゆくりなふ わかれあわねは わすられす』ホ40
『さわりなかれと もてあそふ さるたのかみの なにしあふ』ホ40
はかりなき ひとくさわかれ たうときも みこともひこも なるみちお』ミ1
『よかひちの かたおもちいて みおをさむ めくみしらねは かたちなしミ1
『むねはたかまの はらまても ちきたかしりて さわりなしミ8
『まもらぬは なきとしるへし このゆえに ふたかみおほす ねこえみち』ミ10
『かわりなけれは としよりて そのたのしあり』ミ逸
『ふにぬうは めなきもみはの むめのはな さすらやまひも ふにそぬひける』フふぬう
『ふのつるは とみもよひなき とりゑなみ たつはなやかの ゐもやつくらん』フふつる
『をのむくは ほことかかみお あらかしめ むかうあたなく たたにをさまる』フをむく

 
なす(退す)」+「し(形容詞語尾)」の合成。

派生語:「むなし(空し)

 
 

【無し】
離れるさま。退いたさま。空き。

『しきあかた あなしうをかみ をしてそえ すゑてうつしひ かんをちそ』ホ8
『やとせふるまて かえらねは ななしのききす といくたす』ホ10
めなしかたあみ かもにいれ うたふたつけて きみものせ』ホ25

 
なす(退す)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・退く・空く」などの意。

派生語:「あなし(阿無し・穴師)」「ななし(名無し)」

  

11/03/22

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】