モ  mo

  

【陽・熟・茂・燃・温】正の方向に離れるさま。 =

『いのいさの ことにやわらく ならわせや うなひこのふゑ もいなさふくらん』フいゐさ
のつるは まさかきはなの いさおしも あたのやまひも もとにかえつる』フもつる
『しにぬうは もまわりそなう をんまつり さゆりのゑなの かみそうみける』フしぬう

【最・真】同上。 至り。極み。

もやまとの みちはつきせし ありそうみの はまのまさこは よみつくすとも』フもやま

【百】同上。 100。

『ふるとしふより つきみけの ひとはもよろに つきむけの ひとはふそよろ』ホ1
ゐもつきあまの まさかきやホ2
『およへともよほ つきこなく みちおとろひて わいためな』ホ2
『いもをせは やもよろうちの わかちなく みなあめつちの のりそなふ』ホ13
『むそとしの すはゑもむに そゑたおえ むよとしちゑに つきかるる』ホ18
とせより またよろにます これすすお むすふかみなり』ホ23
『ゆふのはは たていとやもり をさよもは やそりひとよみ やりひとて』ホ23
『ふのかは しまにさすらす みけたかは かみつめぬきて いれすみし』ホ23
『われむかし あめのみちゑる かくのふみ みをやもあみお』ホ27
ゑはむち ちゑにむよろお あまもりの ひとめくりつつ こよみなる』ホ28
『こもりこきみも もみことも みちひこもみな うなつけは』ミ1
『あめなかぬしの もはかりよ あめのめくりの もよとめち』ミ4

【籾・熟】同上。 成熟。成果。「もむ(熟む)」から。

のねせは ゐけとむろとに をうなむち たわらわらはせ みきそつくれり』フもえて
のこけの むしはなかみの ふくろとり さなゑまつりに さるたなすかみ』フもこけ

【面・表・間・場・端・辺・方】空間・時間の区分。。「み・ひ・ほ・ら・ろ」「は・ほ・へ」

『をはきみの くにをさむれは きつをさね よもとなかなり』ホ1
やもやくたりの みこうみて みなそのくにお をさめしむ』ホ2

【喪・戻・罷・送・葬】「もは(喪還)」の簡略。 還り。戻り。送り。送還。帰還。

もにつつしむお きこしめし みこのくすひに とわしむる』ホ8
『たらちねの はやちにかはね ひきとりて もやおつくりて かりもかり おくる』ホ10
『ささきみそ とひゆふまつり からすつか やひやよいたみ もおつとむホ10
『たかてるのあに たかひこね あめにのほりて おとえは』ホ10
『とよみもの ものぬしかみの つねのはそ にはかたおり』ホ23
『きみにつくれは もにいりて いせにつけます』ホ26
『ををんかみ かみことのりは あわのかす へてもおぬきて まつりきく』ホ26
『としめくるひは にひとひ そのみはしらに まつるへし』ホ26
『きわとしねうと はつきよか きみのもまつり よそやすみ』ホ27
『もろたみしたひ もにいるは あめものことし』ホ28
『はやかりおさめ もなかゆえ ともにもにいり みこしなし』ホ28
『つくしのたねこ おをさめ よかみまつりて あうゑもろ』ホ30
『きみまかる としももそみそ とみきさき みなととまりて もにつかふホ31
にぬえる みははたやすく あらためす もとのわかみに くらへぬうなり』フもちり

【戻・基・本・元】同上。 原点。起源。根。本質。 =もと

にむくは やまとふもとの かたちより こころはなれて たからむなしき』フもむく

【曲・捩・穢】曲り。捩れ。逸脱。穢れ。

ものはらの ほこにもとつき やわらきて よこもすなほに なかれゆくなり』フもはら

【陰・穢・女・母・雲】負の方向に離れるさま。「め(陰)」の変態。

おちつもはへる けたこしも みなけたつほの やまてみや』ホ4

【下・歿・没】同上。 下。下界。地。

『かれのんてんも あにきかす ひつきとわれは あわもてらすさ』ホ8
あもにふる あかみのかさゆ しむのみき みちひはさまて あらふるおそれ』ホ9
『なんちめかちに とふへしと うすめむねあけ もひほさけ あさわらいゆく』
ホ24
『おきつとり かもおをさむる きみならて よのことことお ゑやはすせかん』ホ26
『のりくたせ ほつまちひろむ あまもいわふね』ホ29
『かはかみの あまねくてらす はしもの あおひとくさお めくまんと』ホ38
にえては ほしおあかめて なからうる たらにつかえて ものりうるなり』フもえて
ものそのは うけもちのたの つとめおも なかとにならは うえややむらん』フもその
ものなわの のりはむかしの まつりこと ちなみもわさも ともにみちひく』フもなわ

【裳・下】同上。下に合わすもの。下半身にまとう衣。

『あけまきし もすそおつかね はかまとし ゐもにみすまる からまきて』ホ7
『このうたお みたひになんた おちかかる ひさのあおひは にしみて』ホ26
『かみのの いわにかかりて ひたひけは たきおちくたる さくなたり』ホ28

【舞・鳥】ばたばたする。飛び跳ねる。 ex:ももげ(鳥臓)

おきつもは へにはよれとも さねとこも あたわぬかもよ はまつちとりよ』ホ24

【椀・盌】同上。 もひ。入れ物。器。

『たまかさそろえ たままりも むたりにもたせ みつささく』ホ25

【藻・芽・穂・緒・海布】もゆ(萌ゆ)から。派生。 =ほ・を・ゑ・は・め

『やみやのたまも はなかよみ ゆきみんとてそ さそひくる』ホ34

【も・模・若】同様。 模写。真似。 係助詞の「も」〜もまた。

ものきにの のりはおろかに あらためす もとおをこせは われもきにけり』フもきに

  

10/07/14

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】