もにつつしむ  モニツツシム  monitutusimu

  

【喪に謹む】
(死者の)送還に(心身を)添える。

もにつつしむお きこしめし みこのくすひに とわしむる』ホ8

 
も(喪)」 に 「つつしむ(謹む)

「も」はここでは「還り・戻り・送り・帰還」などの意。
もは(喪還)」「もまつり(喪祭)」また単に「まつり(祭)」とも言う。

「つつしむ」はここでは「(心身を)添える」の意。

類語:もはにいる(喪還に入る)」「もにいる(喪に入る)」「もにつかふ(喪に仕ふ)」「もおつとむ(喪を務む)」「もはおさむ(喪還収む)」「まつる(纏る・祭る)
反対語:「もおぬく(喪を脱ぐ・抜く)
関連語:「もは(喪還)」「もはいり(喪還入り)

  

12/03/01

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】