おる  オル  oru
をる  ヲル  woru

  

【織る・居る・(和る)】
A: 合う/合わす。編む。結う。収(治)まる/収(治)める。綴る。閉じる。在る/現す。

『あかひこくわに ひくいとお なつめかおりて うふきぬの みはたてまつる』ホ4
『おはひめか こゑねのくにに みはおりて たてまつるとき』ホ4
『みなはたおりて みさほたつ』ホ6
『つくしにやれは つくみおれ たなきねはとる をはちちに めはははにつく』ホ7
『みのらすみその にいなめの かんみはおれは とのけかす』ホ7
『ややしるまこと はたれとは あめにもおらす かみならす』ホ8
『みうちにおれは ををんかみ をしてたまわる かつてかみ』ホ10
『めはよにすめる ところゑす うましみやひの ゑいにおれホ13
『みさほおたてよ ゐものみは をせのおなかに おることく なせはみさほそ』ホ13
『たのしくおらは かすかまた ういおしれるや あめにうけ あめにかえるそ』ホ13
『よつきのはたお をらんとて ひなくるかすの よつきこお』ホ14
『たちからを みそむつきます さるたひこ そむとしおれと これはまれ』ホ16
『けふのほそぬの おりもつて よそやそなわる みはらおひ』ホ16
『みかつちも よろこひけふの ぬのおらん いわくはふたゑ あらざるか』ホ16
『ひたかみに つくれはきみも よろこひて けふのほそぬの おらしむる』ホ16
『そらとはす はにふみおれは こたえしる かせはにかみの まもるゆえ』ホ17
『そらかみのれと すめらかみ つけなておらは おやおやや あらこききてん』ホ17
『きみあやからは われおらす あかねほのほに つみすとも』ホ20
『あしはらに おのころおゑて ここにおり やひろのとのと なかはしら』ホ23
『めをふみわけて かひなくる をさめくらせて ゆふぬのも きぬもをるなり』ホ23
『なつはぬさ うみてぬのをり ふゆはゆき よりてゆふをりホ23
『あめのりお たみひとくみか みたれても をさめくらねは はたおれす』ホ23
『おとたまかわの しらすなに ひるねしておる ちまたかみ』ホ24
『さめてかくする なにゆえや いわくみまこの みゆきさき かくおるはたそ』ホ24
『あやにはおとめ おるにしき おおなめまつる みははこれ』ホ24
『ここりひめ あやにおりなす とりたすき あめにささけて』ホ24
『あさひめに こかひきぬおる たちぬひの みちをしゆれは』ホ24
『とよたまの あゐみやいりと よろこひて あやにうつさせ おるにしき』ホ26
『にしきのあやお をることく よこへつうちに たておわけ』ホ27
『なんちおは あおかきやまに すませんと みやつくりして そこにおれホ27
『なんちかつくる やにおれと つるきよゆみと せめられて』ホ29
『ちまたにあたの みちおれは しいねつひこか いのりいふ』ホ29
『ゐつつひこ とみにいわくは このくにの きみはわれなり ここにおれホ34
『よりてはりまの いてさむら あわちししあわ ままにおれホ35
『まちおれと よらてゆきます ちちくやみ いままたきます きみのかみ』ホ40
『くるえとあらは うかかはん かれにみかきお まもりおるホ40
『みかさやに あまのこやねの とくふみは たてにぬきおる まつりこと』ミ1
『よろはたの むねみなもとは よかみとち よろはぬふかつ はたはをるミ1
『みなをりつつり みさほたつ これおこよみの うりふつき』ミ4
『ものおれは ほこのひひきお おそれみて よそかおいわす みすきかすおれフもおれ

 
変態:「ある(在る・生る)」「あむ(編む)」「うむ(績む)」「ほる(惚る)」「よる(寄る)」「ゐる(居る)」
派生語:「なおる(直る)」「こほる(凍る)」「そろり(添居り)」「おりあい(居り合い)

  
 

【折る】
B: 離れる/離す。分れる/分ける。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

『とこみきに はやこおめせは そのゆめに とつかのつるき おれみきた』ホ7
『つなゆるけれは まえあしお おりてたおるそ』ホ191
『むめにこしゑて このみあえ あめのしるしと おりかさしホ24
おりあわせめに けりもあり きみとわれとは つつきけり』ホ39

 
変態:「ある(散る)」「いる(射る)」「える(彫る)」「のる(宣る)」「ほる(放る)」「もる(漏る)」「よる(撚る)」
派生語:「おろち(愚霊)」「くもる(曇る)」「たおる(倒る)」「おりあわす(折り合わす)」「おりかえ(折返)

 
 

【折る・(往る・復る・振る・揺る)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。還る/還す。戻る/戻す。

『わかひかる はらみつにしき あつたかみ もとつしまはに おれるかひかわ』ホ40
『すのおれは けかれおとかむ みのやみも ほつまにあくる にけやおそれん』フすおれ

 
変態:「うる(売る)」「ふる(振る)」「ゆる(揺る)」「よる(揺る)
派生語:「おろおろ」「おり(折)」「もとおり(回・廻)」「よなおり(世直り)」「ひなおり(日直り)」「いなおり(居直り)

 
 

【(上る・熟る・秀る・央る)】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

『へのおれは まつりみたるる うはなりに よこしとつれは たみもおそれよ』フへおれ
『をのおれは くもるかかみも あからさま おれすはねすみ なこやかむらん』フをおれ

 
変態:「ある(荒る)」「いる(炒る)」「うる(熟る)」「える(選る)」「もる(盛る)」「よる(選る)
派生語:「あおる(煽る)

 
 

【下る・愚る・折る・(劣る・穢る・滅る)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『せおりつひめの みやひには きみもきさはし ふみおりて』ホ6
『こまよりおりて そさのをの ておひきおこす しむのより』ホ9
『きみここのゑの しとねおり むゑにききます みことのり』ホ11
『ははやおそえて たまふのみ をしかむしろお おりにけり』ホ11
『よのひつき みこおしひとに ゆつりまし あめよりいせに おりいます』ホ192
『にしのみやより やましろに いたりてとえと ひめはいま おりてのほらす』ホ26
『かれかすか おくりてのちは つとめおり みかさやしろの たまかえし』ホ28
『なんちいま ひみのほのほお たつへしそ わかみけはみて したにおれホ28
『くしみかたまは しとねふゑ ひのをみうたふ みやことり みゑおりてきく』ホ30
『ひめあほきはち つきおるに はしにみほとお つきまかる』ホ34
『いやまなる たかきはそひえ おりやせん おりによそうて ゐやまなるへし』フいやま
『ものおれは ほこのひひきお おそれみて よそかおいわす みすきかすおれ』フもおれ

 
変態:「ある(粗る)」「うむ(倦む)」「おむ(怖む)」「ほる(恍る)」「おゆ(瘁ゆ)
派生語:「おろち(愚霊)」「おろか(愚か)」「くもる(曇る)」「たおる(倒る)

  

10/08/22

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】