はふ  ハフ  hafu
はゆ  ハユ  hayu

  

【(和ふ・食ふ・治ふ・侍ふ)・生ゆ・映ゆ】
A: 合う/合わす。在る/現す。生まれる。収(治)まる/収(治)める。

『ひうるにはゆる うるのそは うるたのそなゑ』ホ15
『よるなみに はゆるなろなは はたのたね』ホ15
はゑいつる はなくきはしち をのはしめ をのこうむなり』ホ16
『やたをみは そろはふはるの たみわさお かんかみるめそ』ホ24
『かれちゑのとし たねうゑて あくれははゆる まさかきお』ホ28
『ときにゐそすす みやにはゑ つらつらおほす うゑすして はゑるもあめよ』ホ28
『おもわねは あめのむしはみ はるるとき なえはゑなんや』ホ28
『におうみやまお うるほせは ちよみるくさも はゆるそと たのしみたまひ』ホ32

 
変態:「はむ(食む・嵌む)」「ふる(触る)」「へる(綜る)」「ほる(惚る・欲る)」「あふ(合う)」「なふ(綯う)
派生語:「はへる(侍る)」「はおる(羽織る)」「まくはひ(交合)」「あちはふ(味わう)」「はゐ(貝)」「たくはふ(蓄う)」「はひ(佩)」「はへ(侍)」「うはふ(諾ふ)」「はふる(侍る)」「いはふ(結はふ)」「みはえ(見映え)」「さはい(支い・障い)」「なりはゐ(成り生ゐ)」「なりわ(成生)」「かはふ(庇う)

 
 

【(離ふ・放ふ・掃ふ・汚ふ)・生ゆ・奪ふ】
B: 離れる/離す。分かつ。放つ。払う。発す。そる/そらす。曲る/曲げる。

変態:「ひる(放る)」「ふる(狂る)」「へる(放る)」「ほる(放る・彫る)」「なふ(靡ぶ)」「やる(遣る)
派生語:「わらひ(蕨)」「わらへ(童)」「はゐ(貝)」「はほ(蝕)

 
 

【這う・(往ふ・揺ふ)】
C: 回る/回す。行き来する/させる。うろつきまわる。さすらう。

変態:「あふ(改ふ)」「ある(改る・新る)」「おふ(往ふ)」「まゆ(迷ゆ)」「みふ(回ふ)
派生語:「はひら(肺臓)

  
 

【(熟ふ・跳ふ)・栄ゆ・生ふ・早ゆ・果ふ】
D: 正の方向に離れる/離す。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」

変態:「はる(張る)」「ふゆ(殖ゆ)」「へる(経る)」「ほむ(褒む)」「なる(成る)」「まふ(舞う)」「をゆ(老ゆ)
派生語:「よはひ(齢)」「はほな・はおな(栄菜)」「はえ(栄え)」「うるはふ(潤う)」「さいわい(幸い)」「はや(早)」「はやむ(早む)」「ちはふ(幸ふ)」「いわふ(祝う)」「わらふ(笑う)」「はやち(早ち)」「はやる(逸る・早る・流行る)」「こわゐ(強飯)」「はやふ(栄ぶ)」「にきはや(饒速)」「なりはひ(生業)」「かしはお(活栄)」「はやく(早く)」「はなは(華栄)

  
 

【蝕ゆ・這ふ】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『ましわりさると すかさあを やゑはゐもとむ したたみの さすらやらひき』ホ7
『あめのみをやは これおほめ なんちはふこの いさおしは もろにすきたり』ホ12
『あたたねならは ほろひんと ひおつけやけは あつかりて はひいてんとす』ホ24
『みねのたつ みつはきかけて ひとりつつ みちひきみこお はひいたす』ホ24

 
変態:「はむ(蝕む)」「ひゆ(冷ゆ)」「へる(減る)」「ほる(呆る)」「あゆ(零ゆ)」「なゆ(萎ゆ)」「やむ(病む)
派生語:「つくはふ(蹲う)」「はふこ(這子)」「しゐはふ(吝ふ)」「わさはふ(災ふ)」「さはい(支い・障い)」「はほ(蝕)」「いはふ(い這ふ)

  

10/01/23

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】