ナカゴ

→ 語義
  

中子・中心。

1.中心。中核。本源。本質。こころ(心)。たま(霊)。 =魂+魄
2.1の肉体的な現れという意で、心臓。

(陽霊)と魄(陰霊)が結合して中子となる。この結合をタマノヲ(霊の結・霊の緒)と呼ぶ。厳密には中子は人のココロ(心)ではなく、本源という意味である。人の心情という意味でのココロは霊の結が生み出しているのであり、中子は無垢の神性である。だから霊の緒は「心(中子)の派出部・心(中子)の端」と言う意味でココロバ(心派)と呼ばれることもある。

中子ミヤビを介して根の六臓に宿る元守と連絡して、両者は不可分一体となっている。
よって一方の盛衰は他方にも影響を及ぼす。中子の神性に反する思考や行動は、六臓の衰弱となって現れ、六臓の衰弱は中子を曇らせる。この悪影響のループが続けば最後には身を枯らし、また霊の結も乱してしまうので、次に人として生まれ変わることも叶わぬものとなる。だから逆に中子の曇りを除くには、六臓を養生すれば良いということになる。
中子の物実が鏡である。

ミヤビ
  

【中子・中心】中子 −広辞苑より−
ものの中心。まんなか。
  

『慈しを以て 神形 中子素直に 神力 良くもの知るば 神通り 事和 保つ 貴霊ぞ ただ和らぎを 手立てなり』8文
『このヤサカニの環玉 吾が貴霊と 用ゆれば 中子ますぐに 保つなり』11文
『放持ならぬ 教え種 納め諭せる 心派の 六端 濯ぎて 身を精らげ 陽央根に返る 神形』15文
『人は元 中子心派 日月なり 直ぐに罷れば 相応え 陽陰の宮居に 還さんと 獣になるを 止むなり』15文
『人の中子も 人ふたり やや知る道は マス鏡 陽陰の報ひは 盗めるも 謗るも打つも 身に返る』17文
『人のミヤビは 情け枝 陽陰より授く 魂と魄 結ぶ 命の 霊 中子 潤む霊は肝ぞ』17文
魄の根は ムラト心派 フクシユフ ヨクラヨコシや 根の六臓 渡るミヤビが ものを知る 情け 中子に通えると』17文
ミヤビ 中子に 告げ置けば 人打つ時は 痛み知る 謗れば恨み 器物 盗まば惜しむ 損なわば シムの痛みも 知る中子』17文
心派悪しき 業なせば ミヤビ 中子に 告ぐ哀れ 人が人打つ 殺すをも 見れば除かん 思ひあり 転ぶも起す 哀れ枝』17文
『まして我が身は ミヤビより に通れば 怪しなく 身を治むれど 心派は 奢りを聞けば 欲しに染む』17文
五腑六臓も 地の道 中子は君ぞ は臣 は民よ  垣 は平らす 腑 副手17文

『曇り錆び 奪わる中子 磨かんと ヤタの鏡に 向かわせて 磨く器は 元の守17文
中子の形 鏡ぞよ 人見ぬとても ぬすむなよ およその人は 知らねども 穢 現るる 元の守17文
の病 治し易し 情と味の 過ぎ病むも に入らぬ間よ 早や癒せ』17文
常に人のイキスを 考えば 騙すば 色   盗めばへ 損なえば 驚く中子 見目に知る』17文
より恵む トの神と 旨に応えて 守る故 人の中子に 合い求め 一つに致す 調の教え23文
コヤネまた  な深畏れそ 受け給え 我 若けれど コモリとは 弥々睦じく 君のため 中子一つに 忠なさん』23文
熟山に 登りみて 中子安めり 八峰に 凍雪絶えねば 代々の名も 豊凍雪山24文
『胸清く 身は垢付けど 差使が見て 陽陰に告ぐれば 差使の 八つの聞えに 洗われて いのれもがもと』28文
裳裾の 民を撫でつつ 差使の 清きに神は ありと言えき』28文
が心根 諌めおも 聞かぬを知れば サホ姫の 中子慄き 秘刀 せん方無くも 袖内に 隠し諌めの 六月35文
『央(心)の上れば 曇る鏡(魂中心)も 明からさま 上れずば鼠 猫や噛むらん』フ090

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】