コノヤマ・クノヤマ

→ このやまくのやま
  

  1. 熟山。
    頂点に位置する山。最高峰。
    カグヤマ
    の別名。 (1) ハラミ山。 (2) ハラミ山をコピーした香具山
      
  2. 九の山。
    ハラミ山頂の「八峰+中峰」の九峰。
    ハラミ山のコピーである香久山には、当然この九峰も写されたと思われる。

   
『この山の もみぢの下の 花を我 はつはつに見て なほ戀ひにけり』万七 
   

熟山に 登りみて 中子安めり 八峰に 凍雪絶えねば 代々の名も 豊凍雪山24文
『御作りの歌 "半ば旧り 半ば湧きつつ 九の山と 共統つまりの 熟山よこれ"』32文
『"ハラミ山 一奮咲けよ 藤蔓の 名をも縁の 熟山よこれ" これよりぞ 名も "フシの山"』32文
『愛しきよし 我家の方ゆ  雲 出立ち 雲は大和の 国の幻 復棚引くば 青垣の 山も籠れる』38文
『山繁は 命の真十よ 煙火せば ただ子思え 熟山の 白橿が枝を 頭に挿せ 愛子』
38文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】