タカヒコネ・タカヒコ

→ 語義
  

高彦根命。
オホナムチタケコの第三子。 二荒神 (再生れ尊)。
ステシノ(捨篠)
アチスキ(阿治須岐)という修辞を持つ。

アメワカヒコの葬儀に赴いたタカヒコネを、親族はあまりに似ているので、アメワカヒコが生き返ったと勘違いする。そのことに怒るタカヒコネを、アメワカヒコの妹のオクラ姫 (二代目シタテル姫) が歌を詠んでなだめるが、これが縁でオクラ姫を妻とすることになる。

馬の君 (ヲバシリから乗馬術の道奥を授かる)。ヲバシリの再来ということでフタアレ(再生れ) の尊名を賜り、これが二荒(日光) の地名となる。ニニキネに乗馬を教える。子も孫も馬の君だと言う。
奈良県御所市の高鴨神社は別名を捨篠社と言う。
  

奈良県御所市大字鳴神字捨篠、高鴨 (タカカモ) 神社
滋賀県豊郷町安食西、阿自岐 (アジキ) 神社
栃木県日光市山内、二荒山 (フタラサン) 神社
大阪市鶴見区放出東、阿遅速雄 (アジハヤオ) 神社

  

  イサナギ┐┌ヒルコ     ┌オオヤヒコ
     ├┼アマテル    ├オオヤ姫      ┌クシヒコ──コモリ
 イサナミ┘├ツキヨミ    ├ツマツ姫      ├タカコ
      └ソサノヲ───┐├コトヤソ      ├タカヒコネ
              │├オホナムチ─────┴シマツウシ─… … …シマツミチヒコアカツチ──??─┬サワラノ├┤
│        └ユツヒコ│├カツラギヒトコトヌシカツテ────??─ツルギネアシナツチ┐       ││          └アカホシ
      ├イナタ姫───┘├オオトシクラムスビ─┬オキツヒコ
 テニツキ─┘        │          └ヤマクイ
               └スセリ姫
  
イサナギ ┌ソサノヲオホナムチ┌──────タカヒコネ
  ┃──┤      ┃───┴タカコ    ┃
イサナミ └アマテルタケコ    ┃     ┃
        ┃         ┃     ┃
      ┌ナカコ        ┃     ┃
カナヤマヒコ┴───アマクニタマアメワカヒコ ┃
                │       ┃
                └──────オクラ姫
  

『君 クシキネを モノヌシに タケコを妻と なして生む 兄はクシヒコ 妹はタカコ 弟はステシノ タカヒコネ9文
タカテルの兄 タカヒコネ 天に上りて 喪を訪えば この尊 姿 ワカヒコに 瓜分け得ず10文

シムの者 "君は生ける" と 寄ちかかり "八年たまゆら" と 惑ふ時 怒るアチスキ タカヒコネ10文

『昔 中山 道開く カナヤマヒコの 孫娘 シタテル-オクラ タカヒコの 怒り 融かんと 短か歌 詠みて諭せり』10文
『あめなるや 復棚機の 促せる 珠のミスマル ミスマルの 穴珠逸み 誰に二輪 垂らすアチスキ タカヒコネぞや』10文
タカヒコも 怒り 緩めて 太刀 収め 女男のミヤビを 諭さんと 応えの歌に』10文
『天下がる ひなつめの意は ただ背訪ひ 其方は傾ち 片淵に 網 張り渡し 群寄しに 寄し選り好い 其方は傾ち』10文
ニニキネの 御幸 ホツマの ニハリ成る 乗り法召せば ヲバシリが 技を受けたる タカヒコネ19-2文
タカヒコネには "再生れ" の ヲシテ賜えば 子も孫も 馬の君なり』19-2文
逸ヲバシリと タカヒコネ 二荒神と 二月シヱ 祭る 乗弓 並ぶ頃かな』19-2文
タガに行き 幣を捧げて ミノに行き アマクニタマの 喜びも 昔カスガに 瓜合て 生むタカヒコネ24文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】