フ  fu

  

【踏・和・生・付】合わせ。和し。現し。生やし。治め。直し。留め。保ち。

『かなやまひこか うりふひめ なかこおすけに そなゑしむ これおこよみの うりふつき』ホ6
『しまからかと なかすみに よりてさたむる』
ホ21

【文・譜】同上。 合わせ。書き付け。留め。

『かみにつつみて みひきくさ ふはこにおさめ たてまつる』ホ26
『ふのなわの まつりとほれは いもをせも なかにみちひく ふなわなりけり』フふなわ

【布】同上。 合わせ。織り。編み。天と地を結ぶ物実

にぬうは めなきもみはの むめのはな さすらやまひも にそぬひける』フふぬう
のそのは をこぬのかみの こかひして なもこゑくにの ふそのゑるなり』フふその
ふのゆんは たおうけもちの ししかきや よこまおをそう ふゆんなりけり』フふゆん

【夫・(歩・部・侍・兵)】(心身を)合わす者。仕える者。治める者。 =

『つるきとみ つきほろふれは ものふわれ よおうははるる』ホ30
『かきをみは よこまおからし もののふの ちからもるてそ』
ホ30

【二】陽陰が揃う。ふた付つ・悉つ

『ゐくらむわたを ねこゑわけ ふそよにかよひ よそやこゑ』ホ1
『ふるとしふより つきみけの ひとはもよろに つきむけの ひとはそよろ』
ホ1
『いまのよは たたよろとし いきなるる』ホ1
『きみとみたみの みくたりの かみはもその みこありて』ホ2
『うゑつきは そひのすすの としすてに もそよろなち ゐもそに』ホ4
そひすす ももそゐゑた としきしゑ はつひほのほの いつるとき』ホ4
はたきこ ゑつのしまひめ みはたなこ いちきしまひめ』ホ6
『さかみれは きみおわするる ももくらと ははもそくら』ホ7
『ちからかす めくみわするる ももくら』ホ7
『はなもみも あめのままなり みつはくふ よはくわぬそ』ホ15
『いしたまの なるはつきす あらかねの みつはほねりて いろかわる』ホ15
『みのあふらへり けもかれて やかてまかるそ つきなか すすしろくえよ』ホ15
てししは くえはいきても くさりくさ かみとなかたゑ』ホ15
『ひめはこやねの たけしるや しれりひとたけ たゐきそ』ホ16
『ひとのなかこも ひとたり ややしるみちは ますかかみ』ホ17
『もろともに まさかきその あまるころ わいためあらす』ホ18
『たとえとくと やつゐゐの わりあひかかゑ たまふへし』ホ192
『みこはやふさの いてくるま ふそゐのはとお ゐつともの まもるみやつこ』ホ20
『かくやまは やますみのこ ふとたまは みむすひのみこ』ホ20
『かつやまいりは つゑさゑそ きをのはいむ』ホ21
ものかは しまにさすらす みけたかは かみつめぬきて いれすみし』ホ23
『あさひはら あまてるとよけ まつりは みちおみそまた』ホ29
『くしみかたまは しとねゑ ひのをみうたふ みやことり みゑおりてきく』ホ30
『としおこゆれは たらちねの よそふみそみの をゑくまも』ミ1
『ひのなめは つさにいなさの はつひより ふうおやわせて』ミ7
『かたちはに ふはしらたちて むつましく これかみかたち』ミ7
のはらの みやはたからお はらませて したうほつまの たみそうみける』フふはら
のねせは ぬすむたからも おとかわさ くるしくうせて ねせやふすらん』フふねせ

【符・府・合・中】合う・釣合う・匹敵する位置。中心。中央。中央政府。 ex.「ふつき(文月)

『よのつめなそこ つすふつめ ゐのつめこそこ つすつくも』ホ39
ふのなわの まつりとほれは いもをせも なかにみちひく ふなわなりけり』フふなわ

【太・深・振・奮・浮・上・栄・映・悉】正の方向に離れるさま。

『しまからかと なかすみに よりてさたむる』ホ21
のこけは はやりおかそう もともとの をきなかわさに あみりたすへら』フふこけ
のおれは あめのたたりの こほりふむ ことのはしめも ふみやおそれん』フふおれ

【富・殖・豊】同上。

のやまに おもひつくみの とりゑなみ みにいたつきの いるもしらすて』フふやま
ふのきにの あらそうとみの ことわりお やわせはたみの ふゆそきにける』フふきに
おえては たみおそこなう をさとみか うそやくすりも ふえてたすらん』フふえて
『ふのそのは をこぬのかみの こかひして なもこゑくにの ふそのゑるなり』フふその
『ふのゆんは たおうけもちの ししかきや よこまおをそう ふゆんなりけり』フふゆん
のつるは とみもよひなき とりゑなみ たつはなやかの ゐもやつくらん』フふつる

【経・歴・古・旧】同上。 ふ(経)の名詞化。先行。進展。経過。過去。

『ふるとしより つきみけの ひとはもよろに つきむけの ひとはふそよろ』ホ1
のよろは くにうむかみの をしおして わさもよろこふ もうけなりけり』フふよろ

【降・臥・腐・負・生・鈍・萎・訛・鉛】負の方向に離れるさま。柔。弱。ふにゃ。ふぬけ。不鍛錬。

のゐさめ あらかねわけて ねりきたえ かまもつるきも かそえやわらく』フふゐさ

【ふ】推量・意志の助動詞「ん・む」の変態で、現代語の「う・よう」に当たる。

『うひちにの かみからしもゑ はなむこにみつ まいらせふ まいらせふ』ホ25

  

10/09/19

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】