へる  ヘル  heru

  

【(合る・得る)・綜る】
A: 合う/合わす。交わる/交える。匹敵する/させる。揃う/揃える。調う/調える。

『これをして とよへるはたの つつねにそなせ』ホ27

 
変態:「はる(貼る・張る)」「はむ(食む)」「ふむ(踏む)」「ほる(惚る・欲る)
派生語:「はへる・はんへる (侍る)」「へら(可ら)

 
 

【放る・(屁る)】
B: 離れる/離す。放つ。

変態:「ひる(放る)」「ほる(放る)

 
 

【経る・歴る】
D: 正の方向に離れる/離す。「高まる・勢い付く・進展する・通過する・熟れる・優れる・勝る・至る」

『やよろとして こゑうちの いさわのみやに をわします』ホ序
『ももなそよろの としおて もとのひのわに かえまして』ホ序
『みよもゆたかに をさまりて やよろとして ふそふすす ゐもゐゑはつに』ホ6
『ふそみよろ ふちみもやその ふたとしお てもやすらや』ホ8
『そのもときけは むかしはは まさるにとつき よよおて みなさることく』ホ8
『なもあかかたの とよくんぬ よよをさむれと としおて』ホ15
『ははのいさなみ なかはらみ こそむつきて うみたまふ あまてるかみそ』ホ16
『つきおて あつくをしゑは にふさるる』ホ17
『としてのちに ににきねの みゆきほつまの にはりなる』ホ192
『ちみちより のりなれねりて あれのりも ひつみつきて つひにゑて』ホ192
『ひととせも さるおせめは よのはちは なんちのこころ けかれより』ホ20
てまたもとの にはりみや ゐつををかみの ことおおいかな』ホ21
『さかおみあたひ つうちて たたちにつくる あのめつけ これあたひらそ』ホ23
『ふよろやちて みそすすの こよみなすころ くにのなも』ホ24
『やよろとして ひたかみの きみよりめせは もろともに』ホ24
『そよろとして いまかれに はこねにもふて ぬさささけ』ホ25
『たかたひらきて かえります ゆたかなるとし みよろへるホ25
『とよにきはひて むよろとし てもあそくに またこえす』ホ25
『きみめしあけて うちきさき ここにもむよろ としおて』ホ25
『ゆたかにこえて たみやすく ここにもむよろ としおて』ホ25
『ををんかみ かみことのりは あわのかす てもおぬきて まつりきく』ホ26
『つくしのそやと よそゐよろ としてをさむ あめひつき』ホ27
『みもかわに あのほるちゑて さこくしろ うちのみやゐに ふよほへるホ28
『むよろとして こそつきる さくすすそ むかしかすかに みことのり』ホ28
『ひかりかさぬる としのかす ももなそこよろ ふちよもも なそほへるまて』ホ29
『いつもて ややここにつく かみまつり きみここにあり』ホ34
『ふそひつき てしはすもち うすはたに もちはななして ふたこうむ』ホ38
『きみとみも つさていたる さかおりの みやにひくれて』ホ39
『よそむほのはる ななくさの みあえにうたの ひかすへるホ40
『ひおてくにに いたります みこのよそゐの ひたかみや』ミ逸

 
変態:「はる(張る)」「はゆ(栄ゆ)」「ふゆ(増ゆ)」「ふる(経る・振る)」「ほむ(褒む)
類語:「たつ(経つ)

 
 

【減る・謙る・(低る・穢る・卑る)】
E: 負の方向に離れる/離す。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」

『ことのりお もろかはかりて あめもとる おもきもしむの なかはへりホ7
『ひにひとめくり おくれへり やよゐはみそこ はなおそふ』ホ14
『ともしひの かきたてあふら へることく ほかちいのちの あふらへるホ15
『みのあふらへり けもかれて やかてまかるそ ふつきなか すすしろくえよ』ホ15
『ややししおもり めくりへる あすむそみたひ つきむそふ』ホ16
『みそよかも ひともとりして さつめへりホ16
『くにかみなとは たみのため こころつくして あふらへり こたねまれなり』ホ16
『けにもよれとも むかしあり よろすすもへりホ23
『わかみをや みまきはさとく ほつましる あやまりたたし へりくたりホ36

 
変態:「はふ(這う)」「ひゆ(冷ゆ)
派生語:「へり(減り)」「へら(穢方)

 

11/01/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】