さと  サト  sato

  

【里】
1.分割したものの一。区分。区画。 あるものを中心とする一区画。
2.下にあるさま。下部構造。
  ●(上・中心・都に対して) 下。末。隅。端。周辺部。いなか。
  ●(天に対して) 地。 (山に対して) 低地。平地。 (高み・山などの) 麓・裾野。
  ●統治者(頂点)が治める知行地。●県の下部組織。や村。

『しつかにゐます きしゐくに たちはなうゑて とこよさとホ5
『ここちかすかと さとのなも をきなかもりも たまわれは』ホ8
『あがたもり さともるひこも それたけの むろもあらかも おなかなり』ホ13
『つちははにみつ かつはには やまさととなる』ホ15
『みねにふるゆき いけみつの すえこちさとの たとなりて』ホ24
『やもとほり こゑくにのかみ をこのさと こかひゑるなり』ホ24
『たみつうむ あそへのおかの ゐゆきやま なよさとうみて』ホ24
『ちほさとにすみ つくはなる みいきさとりて きみとなる』ホ26
『おおくにたまは ぬなきひめ やまへのさとに まつらしむ』ホ33
『ちからくらふる かみののり すまいのさとに はにわなし』ホ35
『ひとたひあひて よくにたる かれはめくろと そのさとお なつけたまわる』ホ40

3.発した所。起った所。故郷。

『まさたねならは うむときに さけとちかひて ここにうゑ さとにかえます』ホ24

4.距離・面積の単位。1里 = 36 = 360 = 12960歩 ≒ 3.9km。

『きくつねお みさとのあみお のにはりて みなおひいれて たまつなき』ホ8
『きみよおこめて とさときて にはりわたりは かきくもり』ホ21
『めのみそむふむ せはといき ももいきはまち みそむさと さとみそやなり』ミ6

  
さつ(離つ/下つ)」の名詞化。
ここでは「B: 離れる・分れる・区切る・発す・起る」、また「E: 負の方向 (上→下・中心→端) に離れる」の意。

変態:「した(下)」「そと(外)」「そて(袖)」「すそ(裾)」「さた」「そし
類語:「の(野)」「しも(下)」「すえ(末)」「すみ(隅)」「はし(端)」「はた(端)」「はて(果て)

 
 

【佐渡】<地名>
渡り。

『いよあわふたな おきみつこ つくしきひのこ さとうしま』ホ3
さとにわたりて あらたなす こしにもとりて いせきなすかな』
ホ24

 
さつ(擦つ)」の名詞化。
ここでは「C: 往き来する・巡る・渡る」などの意。

  

10/03/05

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】