⇦前の講座          目次           次の講座⇨ 

 

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

一から学ぶ ほつまつたえ講座 第46回 [2023.9.19]

第九巻 八雲打ち 琴つくる文 (4)

著者:おあずけ2号 (駒形一登)
著者HP:ホツマツタエ解読ガイド https://gejirin.com

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 やくもうちことつくるあや (その4)
 八雲打ち 琴つくる文 https://gejirin.com/hotuma09.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―――――――――――――――――――――――――――――
 たかまには ゆつうちならし うすめみの かなてるおみて
 ををんかみ くわもてつくる むゆつこと たまふわかひめ
 むつにひく かたふきかなて めかはひれ

―――――――――――――――――――――――――――――
 タカマには 弦 打ち鳴らし ウズメ 身の 奏でるを見て
 大御神 桑もて造る 六絃琴 賜ふワカ姫
 六つに弾く カダ・フキ・カナデ メガ・ハ・ヒレ

―――――――――――――――――――――――――――――

タカマ

■弦・絃 (ゆつ)
ユツ(▽結つ)の名詞形で、「合せ・結び・つなぎ」 を原意とし、「弦」 を表します。
これはツル(連る)の名詞形である ツル(弦・絃)と同じです。
「弓のつる」 をいうユツには “”、「琴のつる」 をいうユツには “” と当字しています。


■弦打ち鳴らす (ゆつうちならす)
「弓の弦をはじいて音を鳴らす」 ということですが、なぜこんなことをするかと言えば、
“打ち平す(うちならす)” の意を掛けているのです。つまり弓弦を打ち鳴らすことを以て、
ハタレ(邪霊)を “ぺしゃんこに伸す” ことのモノザネとしているわけです。

 後の世にも “弦打”  “弓弦打”  “鳴弦” などと呼ばれるまじないが
 行われますが、おそらくこの時を起源とするものと考えます。


ウズメ (渦女・渦侍)

■身の奏でる (みのかなでる)
カナデルは カナヅ(奏づ)の連体形で、「回す・往き来させる」が原義です。
ですから 「身をくねらす・身を振り回す・身を躍動させる」 などの意となります。

 舞や演奏のことを 奏で(かなで)といいますが、これは曲(きょく)と同義です。


桑 (くわ)
日月の道に則して成長する木であるため、「日月の加護がある」 と考えられていたようです。
そのため アマノカゴ弓 なんかも桑の木で造ります。


■六絃琴 (むゆつこと)
「六絃の琴」 をいいます。


■ワカ姫 (わかひめ)
アマテルの姉ヒルコの別名です。
この姫は 歌の魔術師であると同時に、琴の名手でもありました。

 紀州こそ 妻を身際に 琴の音の 床に我君を 待つぞ恋しき 〈ホ1-5〉


■カダ・フキ・カナデ・メガ・ハ・ヒレ
大御神が桑の木で造った六絃琴の、「6本それぞれの絃が奏でる音階の名」 です。
これらはアマテルが六ハタレを打つ諸将に授けた 「まじないの種」 に由来します。

 ★カダ (葛)
  カナサキに授けた 「葛末」 です。これでシムミチの技を封じました。
 ★フキ (蕗)
  フツヌシに授けた武器です。これを焚き燻してヰソラミチを咽せさせました。
 ★カナデ (奏)
  タケミカツチに授けたフトマカリ(沸環)をいいます。
  カナデは ここでは 「環・輪」 を意味します。これを貪らせてヰツナミチを打ちました。
 ★メガ (茗荷)
  カダに授けた 「ミョウガ」 です。これを焚き燻してキクミチを攪乱しました。
 ★ハ (葉)
  サツサ餅飯(=チマキ) を包む 「笹の葉」 をいいます。
  チマキを貪らせ、それに付けて置いたサツサツツ歌でハルナハハミチを攻めました。
 ★ヒレ (領巾)
  これを被って、アメヱノミチの飛び道具による攻撃を防ぎました。

 

【概意】
タカマでは弓の弦を打ち鳴らし、それにウズメが身を躍らすのを見て、
大御神は桑の木で六絃の琴を造ってワカ姫に賜えば、
葛・蕗・奏・茗荷・葉・領巾 と6つに弾く。



―――――――――――――――――――――――――――――
 そのことのねは いさなきの かきのかたうつ いとすすき
 これおみすちの ことのねそ 
 かたちははなと くすのはお かたかきとうつ

―――――――――――――――――――――――――――――
 その事の根は イサナギの 垣の葛打つ 糸すすき
 これを三筋の 琴の根ぞ
 形はハナと 葛の葉を “葛掻き” と打つ

―――――――――――――――――――――――――――――

■その事の根 (そのことのね)
ソノは この場合は 「琴の」 の意です。
コトノネ(事の根)は 「事の起り」 という一般的な意味です。
ここではさまざまな “コトノネ” が出てきます。


■垣の葛 (かきのかだ)
「宮の垣にからまる葛のつる」 です。
カダは クズ/カツ/カド(葛)の変態で、「活」 が原義です。


糸すすき (いとすすき:糸薄)
「糸のように細いススキ」 をいいます。 [画像]


■三筋の琴の根 (みすぢのことのね)
「三絃の琴の起り/起源」 という意です。

 ★筋 (すぢ)
 スツ(捨つ・棄つ)の名詞形で、「離れ/放ち・分かれ/分け・分割・分裂」 などが原義です。


ハナ (花・葉・菜)
「放つもの・出るもの・生えるもの」 が原義です。
ここでは 「糸すすきの茎葉」 をいい、これを琴の 「ネック」 になぞらえているようです。


■葛の葉 (くずのは)
この琴の 「胴の形」 を表します。 [画像]


■葛掻き (かだかき)
この三絃琴の名です。琴の元祖なので、琴類の総称としても用いられます。
葛の葉のような胴と細いネックですから、「琵琶」 の形に近いものでしょう。 [画像]
カキ(掻き)は 糸すすきが葛を「ひっかくこと」をいいます。


■打つ (うつ)
ウツは 「合わす」 が原義で、ここでは2重使用のようです。
一つは “ハナと葛の葉を打つ” で、これは 「結合する」 の意です。
もう一つは “葛掻きと打つ” で、これは 「銘打つ」 の意です。

 

【概意】
その事の起りは、イサナギの垣の葛を打つ糸すすき。
これが三絃の琴の起源となる。
形は細いネックと葛葉形の胴の合せで、“葛掻き” と名づく。



―――――――――――――――――――――――――――――
 ゐすことは ゐくらにひひく ねおわけて
 わのあはうたお をしゆれは ことのねとほる いすきうち

―――――――――――――――――――――――――――――
 五筋琴は 五座に響く 音を分けて
 地のアワ歌を 教ゆれば 言の根通る “濯ぎ打ち”

―――――――――――――――――――――――――――――

■五筋琴 (ゐすこと)
ヰスヂ(五筋) の コト(琴) の略で、「五絃の琴」 という意です。
また ヰス(▽濯す)+コト(言) で、 「言葉の直し」 の意が裏にあります。

 ★ヰス・イス (▽濯す・▽結す)
 イスグ(濯ぐ)の母動詞で、「まっすぐにする・直す・調える」 などが原義です。


■五座に響く音 (ゐくらにひびくね)
クラ(座・位)は ここでは 「一括り・区分・区画」 を表し、
ヰクラ(五座)は 「5括り・5区分・5種」 などの意です。
ネは ネコヱ(根隅)のネで、「母音」 をいいます。
ですから 「5種に響く母音」 という意になります。


地のアワ歌 (わのあはうた)

■言の根通る (ことのねとほる)
「言葉の根が通る・言語の基本が行き渡る」 という意です。

 
■濯ぎ打ち (いすぎうち)
イスギ(濯ぎ)は この場合は 「言葉の濯ぎ・言葉の直し」 をいいます。
ウチ(打ち)は 「あたること」 を意味し、同時に 「打ち鳴らすもの」 を意味します。
ですからイスギウチは 「言葉の濯ぎにあたった琴」 という意です。
ヰススギ(五濯ぎ:5筋の濯ぎ の意)とも呼ばれます。

 

【概意】
5絃の琴は、5種に響く母音を分けて 地のアワ歌を教えれば、
<民の言葉の濯がれて> 世に言葉の根が通ったため “濯ぎ打ち” とも呼ばれる。



―――――――――――――――――――――――――――――
 むすちのことは ゑひねふる おろちにむつの ゆつかけて
 やくもうちとそ なつくなり
 かたふきかなて めかはひれ これもてたての なにしあふ

―――――――――――――――――――――――――――――
 六筋の琴は 酔ひ眠る 折霊に六つの 絃かけて
 “八雲打ち” とぞ 名づくなり
 葛・蕗・奏 茗荷・葉・領巾 これも手立ての 名にしあふ

―――――――――――――――――――――――――――――

■六筋の琴 (むすぢのこと)
今回新たにアマテルが桑の木で造った ムユツコト(六絃琴) をいいます。


■酔ひ眠る折霊 (ゑひねぶるおろち)
ヱヒネブル(酔ひ眠る)は、原義は 「曲り低まる」 です。
オロチ(折霊)は 「曲った霊・邪霊・脱落した霊」をいいます。
ですからこの “ヱヒネブル” はオロチの意味の説明です。
ここではソサノヲの絞り酒に酔って寝たヤマタノオロチではなく、六ハタレを指します。


■八雲打ち (やくもうち)
「汚穢隈打ち」 の意で、ウチには 「打ち鳴らすもの=琴」 の意をかけます。
ですから 「汚穢隈を打つ琴」 という意です。

 ★ヤクモ (八雲)
 イヤ(否・嫌・厭)+クモ(雲・曇) の短縮で、
 イヤは イワ(▽忌)の変態、クモは クマ(隈・曲・阿)の変態です。
 ヲヱクマ(汚穢隈)、ヨコマ(▽汚曲)、ヤヱグモ(八重雲) などの同義語で、
 「離れ・逸れ・曲り・外れ・異常」 などを原義とします。


名にしあふ (なにしあふ)

 

【概意】
6絃の琴は、<6つのハタレに潜む> 曲り堕ちた折霊に、
6つの絃をかけて “八雲打ち(汚穢隈打ち)” と名づけるなり。
葛・蕗・奏・茗荷・葉・領巾、これも6ハタレを敗った手立ての名に合わす。



―――――――――――――――――――――――――――――
 やまたあかたお もちたかに たまえはあわの いふきかみ
―――――――――――――――――――――――――――――
 八岐県を モチタカに 賜えば阿波の イブキ守
―――――――――――――――――――――――――――――

■八岐県 (やまたあがた)
四国 (ソアサ・阿波伊予二名) は24のから成っていますが、
その内の 「8つの枝県」 をいうと考えます。

 かつて讃岐国に存在した山田(ヤマダ)郡の名は、“八岐県” の名残りなのかもしれません。


■モチタカ
イブキトヌシの斎名です。


■阿波 (あわ・あは)
「四国全体」 を指します。


■イブキ守/イブキ尊 (いぶきかみ)
「イブキの国守・イブキ国の領主」 という意味の尊名で、イブキヌシ/イブキトヌシと同じです。
これまでにも イブキヌシ/イブキトヌシの名で呼ばれていましたが、実は、この時点で
得た名なのだろうと思います

 この時に四国は4つの国に分割され、24の県もそれぞれに割り当てられたと推測します。
 そしてモチタカが賜った8県は “イブキの国” (おそらく後の讃岐国) と呼ばれるように
 なったと考えています。

 

【概意】
八岐県をモチタカに賜えば、“阿波のイブキ守” (四国の讃岐守) となる。

 

本日は以上です。それではまた!

 

⇦前の講座          目次           次の講座⇨