タケダ

→ 語義

  

タケダ(1)

  
健多乎利(たけだおり)命。 
養子に入ってタケツツグサの後を継いだタケトメの子。
健多乎利命の子が、尾張連乎止与命
  

愛知県犬山市大字犬山字北古券、針綱 (ハリツナ) 神社

   
ホノアカリ┐
     ├┬ニギハヤヒ──────ウマシマチ
タマネ姫─┘│
      └タケテル(タケヒテル)─タケトメ
          ┌…─…─…─…─┘
          :
          │   タカクラシタ┐
               :        アメヰダキアメオシヲ─┬オキツヨソ
          │クメイスキヨリ姫┘            ├建額赤彦──┐
             :   (カンタケより下される)              └ヨソタリ姫  │
           │    ┌─────────────────────────┘
          :    │
          │    └タケヅツグサタケトメ─┬健宇那比命─┬タケモロズミ
          :             ↑   │      └オオアマ姫
          └…─…─…─…─…─…─┘   │
               (養子)         └健多乎利命オトヨミヤズ姫
                                         ┃
                                       ヤマトタケ
  

『子のタケトメを 臣に請ふ タケヅツクサの 纏り継ぐ タケダの祖ぞ 尊宝 出雲に納む』32文

  

  

タケダ(2)

  
武田王。 
ヤマトタケ
ミヤヅ姫の第1子。
  

★『旧事』武田王(たけだのきみ)。尾張の国の丹羽建部君(にわのたけべのきみ)の祖。

  

ヤマトヲシロワケ─┐
    (景行天皇)├───オウス(ヤマトタケ)    ┌ (1)イナヨリワケ
イナヒヲイラツ姫─┘      ┃         ├ (2)タリナカヒコ(仲哀天皇)
                ┃         ├ (3)ヌノオリ姫
オオタンヤワケ──────フタヂイリ姫[妻]─────┴ (4)ワカタケ
                ┃
キビタケヒコ───────アナトタケ姫[内妻]────┬ (5)タケミコ
                                ┃                  └ (6)トキワケ
                ┃
オシヤマ─────────オトタチバナ姫[典侍妻]──┬ (7)ワカタケヒコ
                ┃         ├ (8)イナリワケ
                ┃         ├ (9)アシカミカマミ
                ┃         ├(10)タケコカヒ
                ┃         ├(11)イキナガタワケ
                ┃         ├(12)ヰソメヒコ
                ┃         └(13)イカヒコ
                ┃
オハリ連─────────ミヤズ姫[後の妻]─────┬(14)タケダ
                          └(15)サエキ

  

愛知県一宮市大字西海道字中山、宅美 (タクミ) 神社
  

尾張が姫 ミヤズ姫また 後の妻 タケダサエキ 二人生む 十四男一女あり』40文

  

  

タケダアガタ

  
猛田県。 
弟ウカシ
は、この県主に神武から任ぜられる。
  

ウツヒコが殊 船と埴 大和国造 弟ウケシ 猛田県司 クロハヤは 磯城の県司』30文

  

  

タケタムラ

→ 語義
  

武田村 (武賜村)。 
ソロリヨスナ
が、ヤマトタケの歌の返しの褒美としてった村。 
場所は不明だか、ヨスナは大伴タケヒの家臣なので、甲斐の国の内ではないかと思われる。
  

山梨県韮崎市神山町北宮地、武田八幡 (タケダハチマン)
  

『諸 済さず 火灯しヨスナ の歌 返し申さく "かがなえて 夜には九の夜 日には十日を"』39文
ヤマトタケ 火灯し褒めて タケタ村 他はハナフリ39文

君 山の日は 休み 我が君に言ふ "統君 僕らハナフリ ソロリには タケタ賜はる 何の殊"39文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】