はや  ハヤ  haya

  

【早・速・疾・逸・栄・映・流行】
正の方向に離れるさま。「高まる・勢い付く・速む・先行する・栄る・熟れる・勝る・至る・過ぎる」さま

『ひめのいさこと うきはしお はやたまのをか わたしても』ホ2
『みやつより はやきしとへは あまひかみ いそきまなゐに みゆきなる』
ホ6
ひのはやひこに みことのり なんちくにゑお うつすへし』ホ6
『ここさわやまの はやききす ひなくるつけの たかまには かみはかりして』ホ8
『あまてるかみは さくなたり はやかはのせに みそきして』ホ8
『たみのかて けししゆるせは こゑつのり みなはやかれす』ホ9
『そのもとおりは あまかつお はやあきつめの つくりそめ』ホ12
『むちおのかるる はやききお ほめよろこへは すきねちけ はたれとなるそ』ホ17
『いなむしか ひみつのなせる わさはいも はやのりなして のそくなり』ホ192
『なれとちからと はやふねに ゆきていわふね すすむへし』ホ20
『あみこみつから もろひきて みふねのいたる はやすいとホ29
『あすすゐそゐほ きさらきや はやなみたつる みつみさき』ホ29
『みつみさき なもなみはやの みなとより やまあとかわお さかのほり』ホ29
『おとうけし たけたあかたし くろはやは しきのあかたし』ホ30
『めつきにいたる はやみむら をさはやみつめ みゆききき』ホ38
『うたよめは あつたのかみと はやなると ゆあみはおかえ さにむかひ』ホ40
『をのゐさの みちすみやかに ゐさむるは あくたのちから ゐさはやのかみ』フをゐさ

 ●(副詞的に) 早く。早々に。急いで。早くも。既に。

『もちこのすけと はやこうち あちことみたり はやゆきて まなゐのはらの みやつかゑ』ホ6
『よのみたれ これみなそれの あやまちと おもえはむせふ はやかえれ』ホ9
『もろひめら まさにしるへし いろのはな ひとたひめてて はやちれは』ホ16
『ますひとら おさなのときは ねちけのめ はやあらためよ』ホ17
『それこころみに わさおなせ われはやのそく みやひあり』ホ17
『なさけとあちの すきやむも ねにいらぬまよ はやいやせ』ホ17
『むねあわぬまに かもつきて はやいりまして みこおうむ』ホ26
はやかりおさめ もなかゆえ ともにもにいり みこしなし』ホ28
『さるたうけとり とわんとす はやめおとちて こたえなし』ホ28
『いのりてくにの ものさねと これにことあり はやはかれ』ホ34
『もろはかるうち はやすてに たけはにやすと あたひめと』ホ34

 
はゆ(早ゆ・栄ゆ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「高まる・勢い付く・速む・先行する・栄る・熟れる・優れる・勝る・至る・過ぎる」などの意。

変態:「はえ(映え・栄え)」「はよ(早)」
類語:「さ(早・栄)」「すて(既)
わ(早・栄)

  

09/12/12

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】