いち  イチ  iti

  

【(斎・逸・至・頂・甚)・一】
正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『たまのいわとお ひらけとて いちゐのはなの さくもちて いまこそひらく あまのとや』ホ4
『みなかんちかひ いちしるきかな このときに としのりかみの』
ホ22

 
いつ(秀つ・逸つ・至つ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「いた(至・逸)」「いつ(厳・甚・至・頂・逸)」「いと(至・逸)」「また(全)

 
 

【市】
結。囲み。域。 区分。区画。地域。

『かんやゐはちて うえなひぬ といちにすみて いほのとみ』ホ31
『はしにみほとお つきまかる おいちにうつむ はしつかや』ホ34
『おれかれの をとくまつりお はしつかに なせはかかやく のりのいちホ34
つはきいちより ねきやまお こすときあたか よこやいるホ38
『ことひきはらに おはよえた おきてかわちの ふるいちに またよはおつる』ホ40

 ●(天に対して)地の区分。 この世。世間。

『なかすねか われおたつれは いちさわく かれにはらみの みこふれて』ホ28
いちゐたたせは たまきねの このなすことお のたまわく』ミ9

 
いつ(結つ/放つ)」の名詞化。
ここでは「A: 合わす・結う・囲む」、裏を返して「B: 離す・分ける・区切る」などの意。

類語:「しま(州)

  

10/08/17

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】