ウカツクヌ

→ 語義
  

鵜濡渟。 
ヰイリネ
の子。ノミノスクネの父。 
タケヒテル
孝霊天皇に奉った『タマカワの尊宝記』は出雲杵築宮に保管されていた。神主フリネは筑紫に神祝ぎに行って不在のため、弟のヰイリネが、末弟ウマシカラヒサと、自分の子ウカツクヌを添えて、尊宝記をタケモロズミに捧げる。
  

★『旧事』によれば出雲国初代国造。
★氏祖命 (ウヂノオヤノミコト)。又鵜濡渟命(ウカツクヌノミコト)ト称ス、又宇賀都久野命(ウカツクヌノミコト)ニ作ル、出雲臣、土師連、菅原、秋篠大枝神門等ノ氏祖トス。國造本紀ニ『「姓氏録出雲臣天穂日命十二世孫鵜濡渟命之後也」、出雲國造、瑞籬(ミヅカキ)朝(崇神)以天穂日命十一世孫宇賀都久怒定賜國造』トアリ出雲國造トイフ職名ハ是朝廷ヨリ任シ給ヒシ。

  

1.アメノホヒオオセイイミクマノ …… ┬11.フリネ(阿多命)
                     │
                     ├11.ヰイリネ─12.ウカツクヌ(氏祖命)┐
                     │                                  │
                     └ウマシカラヒサ                    │
   ┌───────────────────────────────────┘
   │
   ├13.襲髄命─14.来日田維命 … … 17.[出雲国造]宮向
   │
   └ノミ宿禰
  
  

神主フリネ 神祝に 筑紫に行きて 弟ヰイリネ  より出し 乙弟ウマシ カラヒサと子の ウカツクヌ 添えて捧ぐる』34文
カラヒサは甥 ウカツクヌ 連れ上ぼり に告ぐれば キビヒコと タケヌワケとに 御言宣』34文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】