シラヒト・シラウド

→ 語義
  

白人。 
クラキネ
サシミメを推薦した、根の国の臣。 
クラキネとサシミメの娘のクラコ姫と結婚、しかし母のサシミメとも関係を持ち始める。
クラキネの臨終に根国のマスヒトに登用される。 
ツハモノヌシの告発による裁判で死罪を言い渡されるが、アメオシヒとクラコの祝事により恩赦を得てヒカワ(島根県)に流刑となり、アメオシヒに再登用される。その後はオロチに変じたモチコハヤコに取り込まれる。
  

シラヒト・コクミ事件のあらすじ
根国マスヒトクラキネは、その臣であるシラヒトの推薦により、コクミの妹のサシミメを妻とする。
サシミメはクラ姫を生み、喜んだクラキネは、妻の兄のコクミをサホコの副マスヒトに登用する。
シラヒトはクラ姫を妻とするが、母のサシミメとも関係を持ち始める。
(おそらくサシミメの口添があって) クラキネは死の直前に、シラヒトを根国の次期マスヒトに指名する。
しかしシラヒトは、クラキネの死後、サシミメ・クラ姫の母子を、宮津 (サホコの政都) に送る。
宮津にいたコクミは、サシミメ・クラ姫の母子を犯し、我がものとする。
サホコの副マスヒトのツハモノヌシは、「マスヒトのカンサヒは、これらの非道を知りながら放置している」と、タカマに訴え出る。

  

ヤソキネの弟 カンサヒを マスヒト根の シラウドと 兼ね嘗めさしむ また乙子 ツワモノヌシと コクミ副え』ミ5文
クラキネが 罷れる時に シラヒトを マスヒトに』7文
『(シラヒトは) 母子を捨てて 西に送る コクミ 母子を 犯す罪』7文
モチが クラ姫を カンサヒの子の アメオシヒ 娶わせ典侍が 兄となし 父マスヒトの 政 継ぐ』7文
シラヒトコクミ この祝 半ば清を得て "さすらひ" の ヒカワに遣るを マスヒトの 我が臣となす』7文

さすらなす  二流離姫 憤り ヒカハに怒り 成る愚霊 弥に蟠り コクミらも  番えてシムを 奪ひ食む7文
根の国と サホコの国の マスヒトが 内のシラヒト コクミらが も犯して も犯す』8文
『打ち連れ 宿る サタの宮 法を定めて ハタレ根も シラヒトコクミ 愚霊らも 討ち治めたる』9文
オミケヌシ 諌め申さく " 聞くや シラウドコクミ  犯す 汚名 今にあり 君 真似て 汚名を被るや"』32文
『天穢れとは シラウドコクミ (天のマスヒト) と よそ女も犯す 名折れなるかな』フ010
  

★『延喜式祝詞 大祓詞』
成り出(い) でむ天之益人(あめのますひとら) が、過ち犯しけむ雑雑(くさぐさ) の罪事(つみごと) は、天津罪(あまつつみ) と、畔放(あぜはなち)・溝埋(みぞうめ)・樋放(ひはなち)頻蒔(しきまき)・串刺(くしさし)・生剥(いきはぎ)・逆剥(さかはぎ)・屎戸(くそへ)、許許太久(ここだく) の罪を天津罪(あまつつみ) と法(の) り別けて、国津罪(くにつつみ)、生膚断(いきはだたち)・死膚断(しにはだたち)白人(しろひと)胡久美(こくみ)・己が母犯せる罪・己が子犯せる罪・母と子と犯せる罪・子と母と犯せる罪・畜犯せる罪・昆虫(はふむし) の災(わざわひ)・高津神(たかつかみ) の災・高津鳥(たかつとり) の災・畜(けもの) たふし、まじ物為(せ) る罪、許許太久の罪出(つみい) でむ。

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】