カンカゼ

→ 語義
  

神風 (神和せ/神活せ)。
 
1.陽陰の和合。神の顕れ・具現・物質化。本質の顕れ。

『末を重ひて 睦まじく 業を務むる 妹背の道かな この道を 学ぶ所は 神風の 妹背の国なり』13文
シホツツが 目無し交網 張るべらや 満ち干の玉は ハテ神風25文
『その神形の 妹背の国 通り 立つ富む 神活せを 羨みねじけ 化物が 自ら褒めて ハタレ君』28文
神風の 妹背の生み成る いにしえの 八方這い回む 下民の 皇子  弥々皇子よ 下民の い這ひ回めり 討ちてしやまん』29文
『"これ神風の 妹背の宮 三種は祭る 源" と 礼ひ返す あぐら石36文
『卑愚を サルタが統りて 神楽獣 汚曲を祓らす 代々の神風フ026

2.神の風。神の勢いづけ。神の加勢。

『その神形の 妹背の国 通り 立つ富む 神風を 羨みねじけ 化物が 自ら褒めて ハタレ君』28文

 

  

カンカゼノ

  
神風の。
「いせ」「いすず」「やさか」などにかかる。
  

★『伊勢内宮神前祝詞』
神風(かむかぜ) 伊勢國(いせのくに) 折鈴(さくすず) 五十鈴原(いすずのはら) の底津石根(そこついはね) 大宮柱(おほみやばしら)  太敷き(ふとしき) 立て 高天原(たかまのはら) 比木(ひぎ) 高知りて (たかしりて) 鎮まり坐す …。
  

『末を重ひて 睦まじく 業を務むる 妹背の道かな この道を 学ぶ所は 神風の 妹背の国なり』13文
『その神形の 妹背の国 通り 立つ富む 神活せを 羨みねじけ 化物が 自ら褒めて ハタレ君』28文
神風の 妹背の生み成る いにしえの 八方這い回む 下民の 皇子  弥々皇子よ 下民の い這ひ回めり 討ちてしやまん』29文
『これ神風の 妹背の宮 三種は祭る 源" と 礼ひ返す あぐら石36文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】