たに  タニ  tani

  

【谷・渓・谿】
1.挟まる部分。収まる部分。はざま。間。(山と山の)間。
2.
分れ目。裂け目。限り。境界。区分。区画。

『ひかわのかみの やゑたには つねにむらくも たちのほり』ホ9
『またたちからを たにおてて たまゆらきけは みつしれり』ホ17
『をにふのきちの ひたとへは あとおしたひて くちきたにホ26
『かわあいの くにたまわりて たにおいて むろつにかめの むかいまつ』ホ26
『しなのきそちは やまたかく たにかすかにて つつらおり』ホ39

 ●<地名> 挟まる国。はざまの国。相模の国(伊豆半島と三浦半島に挟まる国)。

『ひたりはたにの さくらうち みよのさくらの ならしうた』ホ14
さくらたに たきつせのめわ せおりつめ おとわかさくら』ミ逸

 
たぬ(治ぬ/断ぬ)」の名詞化。
ここでは「A: 合う・挟まる・収まる」、裏を返して「B: 離れる・分れる・限る・区切る」などの意。

類語:「さかひ(境)」「かき(垣)」「かわ(川)」「せ(瀬)」「ゑ(江)
別名:「さかむ(相模)」「ゑのしま(江ノ島)」「おの(小野)」「まうら(間所)」「さくら(桜)」「たちはなかく(橘)

 
 

【だに】
だのに。なのに。〜であるのに。

『みからぬし たにみくくりみ たましつか うましみかみは みからぬしやも』ホ34

 
」+「に(接続助詞)」
「た」は「たる」「なる」の変態で「在る」「〜である」の意。

  

10/01/13

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】