ヲケラ・オケラ

→ 語義
  

【朮】ヲケラ・ウケラ −広辞苑より−
キク科の多年草。根は健胃薬。正月用の屠蘇散とし、また、蚊遣(かやり) に用いる。若芽は山菜として食用。古名、うけら。
  

★邪気と悪臭を取り去るのに用いる習わしがあり、京都の八坂神社で行われる元旦の朮祭(おけらまつり)  には、オケラを加えた篝火が焚かれる。
  

ウス侍らに ヒカケを襷 茅巻矛 を庭火 笹湯花 神座の外の 神篝』7文
『初日より 二陽を和せて  焚き 若女 水汲み 粢餅 ・栗 海菜トコロ 芋頭 親の寄りミ7文
十五日の朝は 霊守食の 小豆の粥に 穢病除け とんど 餅焼きて 粥柱なす 神現りの 粥フトマニや』ミ7文
十五日の朝祝ぎ 小豆粥 寒さに敗る 腑穢病 清掛 に どんど餅 穢更る神現りミ9文
『下の慶は どんどの 粥占に 乗弓走 歌う喜び』フ107

  

  

ヲケラマツリ

  
【朮祭・白朮祭】ヲケラマツリ −広辞苑より−
京都八坂神社で大晦日から元旦にかけて行う神事。鑽火(きりび)で朮を交えたかがり火を焚き、参拝者はその火を火縄に移して持ち帰り雑煮を煮る。
  

『初日より 二陽を和せて  焚き 若女 水汲み 粢餅 ・栗 海菜トコロ 芋頭 親の寄りミ7文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】