ムムネ

→ 語義

六宗。
6つの中心。人体の6つの要所。
根の六臓魄の根心派の六端元守ともいう。
ムラト(腎臓)心派(心臓)フクシ(肺)ユフ(肝臓)ヨクラ(膵臓?)ヨコシ(脾臓)

根の六臓には天元神が付ける元守が宿り、ミヤビを介して中子と連絡して、両者 (六臓と中子) は不可分一体となっている。
よって一方の盛衰は他方にも影響を及ぼす。中子の神性に反する思考や行動は、六臓の衰弱となって現れ、六臓の衰弱は中子を曇らせる。この悪影響のループが続けば最後には身を枯らし、また霊の結も乱してしまうので、次に人として生まれ変わることも叶わぬものとなる。だから逆に中子の曇りを除くには、六臓を養生すれば良いということになる。
 

■チャクラ(chakra)の概念に近いのかもしれない。
 

『放持ならぬ 教え種 納め諭せる 心派の 六端 濯ぎて 身を精らげ 陽央根に返る 神形』15文
魄の根は ムラト心派 フクシユフ ヨクラヨコシや 根の六臓 渡るミヤビが ものを知る』17文
『ぬすむ心派 ミヤビより 五臓に告げて 安からず 見目に言葉に 跼り 抜き足 応ふ 埴 心 万・十万知れど ミヤビから』17文

『幹と派交わる 人身草 根 箱根空木 茎 一垂 四枝五葉 人身 小白花 秋 実は小豆 甘苦く 脾臓潤ひ を治す』24文
『胸清く 身は垢付けど 差使が見て 陽陰に告ぐれば 差使の 八つの聞えに 洗われて いのれもがもと』28文
裳裾の 民を撫でつつ 差使の 清きに尊は ありと言えき』28文
『人の隔辺の 天の原 六宗は清く "戻ろそよ" 驕り明かして 還えば新に 違え生まるる 喩え歌』ミ和字

  

 

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】