イスキウチ・ヰススキ

→ いすきうちゐすすき
  

濯ぎ打ち。五濯ぎ。
「言葉を濯いだ(直し調えた)五弦の琴」という意。 =五筋琴

この琴の音に合わせて二尊は、民に「地のアワ歌」を教え、乱れた民の言葉を直し調えたことに因る。
地のアワ歌は別名「声直ぎ (こえすぎ)」「直言の歌 (ただことのうた)」とも言う。
イスキ打ちは、ススキに霰が当って妙なる音を出したのを見て、タケコが創ったという説話もある。
  

五筋琴は 五方に響く 音を分けて 地のアワ歌を 教ゆれば 言の根通る 濯ぎ打ち9文
『後にワカ姫 ひたる時 八雲ヰススキ カダカキを 譲る 琴の音[言の根] タカ姫を タカテルとなし』9文
ワカ歌の クモクシ文は オクラ姫 授けて名をも シタテルと なしてワカ国 タマツ州 年稔神と 称えます』9文
『時に霰の 芒打つ 異に響きて 妙なれば この映を写し 琴造る 名もイスキ打ち 閉海も 名はイスキなり』28文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】