フユ

→ 語義
  

(振ゆ)。
回し。めぐらし。分け与え。恵み。施し。
  

クシキネ 篤く 恵む後 共に務めて 現し地 病めるを癒し 鳥 獣  蝕虫払ひ 振ゆをなす』9文
タカミムスビの 立たし枝 理 あれば 御言宣 賜ふアソベの アカル宮 天振ゆを受くる オホナムチ10文
『人 常に 神に向はば 世の身々の 垢は天元の 差使に 清め賜ひて サコクシの 振ゆの鏡に 入ると思えば』28文
『昔 御霊の 振ゆにより クマソを平けぬ 今もまた 御霊によりて 振ゆを借り 仇の境に  行き臨み』39文
『人の身は 日月の振ゆに 養われ 恵み 知らせん そのために 出で入る東西を 教ゆなり』ミ1文

  

  

アフユ

→ 語義
  

(天振ゆ)。
天/君の施し。天/君の恵み。
  

タカミムスビの 立たし枝 理 あれば 御言宣 賜ふアソベの アカル宮 天振ゆを受くる オホナムチ10文

 

 

フユノカガミ

→ 語義

 
振ゆの鏡。
サコクシロ
の別表現。
回転する環。天球。元明け。天の星々。

→フトマニ図

  

『人 常に 神に向はば 世の身々の 垢は天元の 差使に 清め賜ひて サコクシの 振ゆの鏡に 入ると思えば』28文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】