かな  カナ  kana

  

【哉・がな】
(心に)かけるさま。思うさま。〜ではないかな?

『いそのまさこは いわとなる よよのんてんの ほつまふみかなホ序
『とおのねふりの みなめさめ なみのりふねの おとのよきかなホ1
『うたのかつもて わにこたふ これしきしまの わかのみちかなホ1
『ふたかみおはお たたゑます きくきりひめも あなかしこかなホ4
『ゐみなとは しむにとほれは まことなるかなホ4
『みそきのみちは みおあかす やまとのみちの おおいなるかなホ5
ここにをさめて うむみこは いむなしつひこ たちからをかなホ6
『たまかえし さるさるさわに おこるみちかなホ8
『やゑかきうちで たのしむる ももやそひたり こにみつるかな
ホ9
『をしてたまわる かつてかみ これもよつきの うたのみちかなホ10
『これつよし きみはやさしく やわらかに ませはかかえて ととむものかなホ13
『すゑおをもひて むつましく わさおつとむる いせのみちかなホ13
『むかふいもをせ ほしおさる すすかのをしゑ ををいなるかなホ13
『あめのみち なすひとかみに あひもとむ ゆえにここなし めつむこれかなホ15
『ひともたききに きることく おしまてしむの ゐたみかなホ17
『やたのかかみの みなのあや いとめくみなり あなかしこかなホ17
『いかつちひしく いさおしお たけみかつちと なつくこれかなホ191
『ふたあれかみと きさらしゑ まつるのりゆみ ならふころかなホ192
『もろはかり ついにうつして あすかかわ くるわにほりて みそきなすかなホ20
『おころのかみと なおたまふ よよいかすりて あらやもるかなホ21
『へてまたもとの にはりみや ゐつををかみの ことおおいかなホ21
『もちてこもりに さつけます みたひうやまひ みなうくるかなホ24
『さとにわたりて あらたなす こしにもとりて いせきなすかなホ24
『みこころお つくすみまこの ほつまなるかなホ24
『むめひとをきみ しわかみの ほつまのみやに かえりますかなホ25
『やまはといろの みつのあや かみのよそひの みはもなるかなホ26
『はなおつくして そのあすは おおんたからに おかましむかなホ27
『あまつひつきの さかゑんは あめつちくれと きわめなきかなホ27
『かあひにあわせ みをやかみ めをのかみとて いちしるきかなホ27
『うちはへところ かすかかみ ふとのとことお つかさとるかなホ28
『としさなと かしはらみやの はつとしと みよかんたけの おおいなるかなホ29
『みたひうやまひ みなうくる やまとひつきの みやことりかなホ30
『むつきそひかは あかためし みきおたまはる はしめなるかなホ30
『あまみこか あめにかえれは みそみおふ まめもみさほも とほるあめかなホ31
『きみとしことの はつきゐか やよのもまつり まことなるかなホ31
『おもむろお たまてにおくり ゐたりおふ ともにおさめて あきつかみかなホ31
『とみもよおさり かりとのに をやにつかふる まことなるかなホ32
『みくさたからお あらたむる そのことのりは おほいなるかなホ34
『おそれみちゑよ うちみやは きみははのこお めくむのりかなホ36
『いきおめくまて からするは いたましひかな ふるのりも』ホ37
『あわうみの あつみのかみと すみのゑも ともにきふねの まもりかみかなホ37
『おしやまに とつくははこも をんめくみ ふかきゆかりの ためしなるかなホ37
『よよにつたふる たけうちは ついになからふ みちとなるかなホ38
『ゐそよほなつき みそかには ひしろのみやに かえりますかなホ40
『さるたより もものつかさも ひのてえるかなミ4
『しかおちこちの ももつかさ みなふみそめて かえるこれかなミ7
『あまねくに おしゆるみなも わかひるめ にふのゐさおし ををいなるかなミ10
『さたわいやます みこみまこ ももやそとめる ををなむちかなミ逸
『あおれとは しらうとこくみ ことははと よそめもおかす なおれなるかなフあおれ
『あのつるに くらゐもわさも ゆつるとは しるもしらぬも さためつるかなフあつる
『いもこけの おろちかこりの ひめかむお たつとかくしの はかみなるかなフいこけ

 
かぬ(交ぬ・兼ぬ)」の名詞化。
ここでは「A: (心に)合わす・かける」の意。

類語:「もかも」「もか」「かも」「もかな」「〜かね?」「〜かや?」

 
 

【金・要・(捏・熟)】
D: 正の方向に離れるさま。「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」さま

『そのよまた かみゆきみれは かなまこと いれすはちみす』ホ5
かなやまひこか うりふひめ なかこおすけに そなゑしむ』ホ6
『かみのみこころ うるはしく みそきつかさお かなさきに』ホ8
『おろかめか ねたむいそらの かなつゑに こたねうたれて なかれゆく』ホ16
『ちみちのあふみ かなつくり かけはをさしの つりなわも ゐつきみしかく』ホ192
『ちかねおのはし つのおさく かなゆみつくり とこかたり』ホ35
『すへてふくゐの かなまろの ななのきたひの』ミ8
『ここにひるこは ゐものしに かなあやゐさせ あまねくに』ミ10

 
かぬ(上ぬ)」の名詞化。
ここでは「D: 正の方向(大・多・太・高・前・熟・明・沸)に離れる」で、「上がる・勢い付く・栄る・熟れる・優れる・中心にある・至る」などの意。

変態:「かね(金)」「こね(捏)」「きね(熟)」「きぬ (絹)」「こな(熟)」
類語:「かなめ(要)
派生語:「かなさき(要柵・金折)

 
 

【(悲・枯・暗・暮・懲)】
E: 負の方向に離れるさま。「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」さま

かぬ(枯ぬ)」の名詞化。
ここでは「E: 負の方向(小・少・細・低・後・粗・暗・静)に離れる」で、「下がる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」などの意。

変態:「かれ(枯)」「こり(懲り)」「ころ(転)」「くれ(暮)」「くら(暗)」「くま(隈)」「くも(雲)」「くろ(黒)
派生語:「かなし(悲し)

 
 

【汚名】
負の方向に離れる名。「低まる・勢いを失う・劣る・縮小する・静まる・隅にある・果てる」名

『しらうとこくみ ははおかす かないまにあり きみまねて かなおかふるや』ホ32

 
か(曲・汚・暗・枯)」+「な(名)

 

10/06/21

  

 基本理論はこちら

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】