ヨミ(1)

→ 語義
  

黄泉。
人の死後、骸(肉体)が還る所。 
ヨモツ(黄泉)

 

  

ヨミ(2)

→ 語義
  


数え。数えるに足る最低の単位。

機の経糸の場合:1算=10手=80垂。
モノノベの場合:1算=80粗部 (32000屋) を治める県主(県主より下位は契約委任の役人)
  

★諏訪地方 (長野県の南部、中部もそうですが) では寸間42目の筬のことを7算(ななよみ) と言います。また山梨県では42目の筬は10.5算(とよみなから、とよみいつて) と言います。算(よみ) という単位は、筬の目数を表す単位と思ってきましたが、色々なお話を伺ってくるとそうばかりではなく、経糸の量を表す単位として扱っているところもあるようです。例えば「経糸80本 (120本の場合もあります) で30尺の長さのあるものを一算(ひとよみ) という」というように。結果的には筬の目数を表すことと同じなのですが、意味合いがちょっと違いますね。
  

『結の幅 経糸 八百垂  四百歯 八十垂 一 八垂 一手 綜杭に揃え』23文
『十物 モノヌシ尊の 常の衣ぞ 喪には固織23文
物 ら 常の衣ぞ 喪は九の固衣23文
『八物 粗長・卑臣 常の衣ぞ 喪は八の固衣23文
撚り 太布は民の 常の衣ぞ 喪は六の固衣23文
常に 十二を着る 月の数 喪は十の固衣23文
『八十粗侍 置く 県主 これ一の モノノベぞ 八十侍の国に ツウヂ置き モノノベ 経を 教えしむ』23文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】