アタヒ

→ 語義
  

直。
罪人の清汚を数えるモノノベ。 サガ臣・天の目付とも言う。
罪人の清汚を数え、ツウヂを経てオオモノヌシに直接報告する。
  

【直・費・費直】アタヒ −広辞苑より−
(「値」と同源)
古代の姓(かばね)の一種。国造に多く、大化改新後、郡司とその一族に多い。
  

物 ら 常の衣ぞ 喪は九の固衣23文
『清汚臣アタヒ ツウヂ経て 直ちに告ぐる 天の目付 これアタヒらぞ』23文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】