ヘグヰ

→ 語義
  

綜杭。経杭。
経糸の長さを揃えるために使う突起。
  

手整経の経台(へだい) の両端に多数植え付けた高さ20糎くらいの竹製又は木製の棒杭。整経に際し、これに経糸を引っ掛け、所用の整経長に達するまで次々に隣接する杭に移行しつつ、糸を掛ける作業を繰り返す。このことから、整経長を杭数で表すことがある。
  

『結の幅 経糸 八百垂  四百歯 八十垂 一 八垂 一手 綜杭に揃え』23文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】