サクラネマシ

→ 語義
  

(桜根左仕・桜主左使)。 =マチカ (左近)
タチバナモトヒコの羽の臣ではないかと思われる。
ヤマトタケ
の東征に先駆け、オトタチバナ姫 (タチバナモトヒコの孫) ホヅミテシ(穂積右仕) と共にサガムのオノの城に遣わされる。
後にテチカマチカの二人は大磯の海岸に、海中に身を投げたオトタチバナ姫の櫛と帯を見つける。ヤマトタケはその帯と櫛を塚 (吾妻守) を築いて埋め、ソサノヲヤスカタ神に倣って、連り天引の祭りを行い、社を建てる。
  

■サクラネという名から、やはりホツマ国を根拠とするサクラウチ(オオヤマズミ) の子孫と思う。

 
 

タチハナ姫と ホツミテシ サクラネマシを 先に遣り』39文
『軍 下れば ヒタカミが 招くモトヒコ 頷かず 相模の小野に 城 構え テシマシらと 守り固む』39文
マチカテチカの 臣二人 ヲトタチハナの 櫛と帯 得れば嘆きて 姫のため 連り天引の 祭なす』39文
『これソサノヲの オロチをば 連りヤスカタ 神となし ハヤスヒ姫も アシナヅチ 七姫 祭る 例し以て』39文
『形見をここに 塚となし 名も吾妻守[東守] 大磯に 社を建てて 神祭』39文
『東方へ 行けば相模に 御饗なす マシテシ拝み 泣き曰く " 滅ぼして まみえ得ず"』40文

  

  

【ホツマツタヱ解読ガイド】 【ミカサフミ解読ガイド】 【ふとまに解読ガイド】
【やまとことばのみちのく】 【にしのことばのみちのく】 【あめなるみち】
【ホツマツタエのおもしろ記事】